いつも使うあれが原因?●●●のし過ぎでバストが垂れる!!

現代人にとって欠かすことのできないアイテムとなったスマホ。電車の中で、待ち合わせの待ち時間に、ちょっとした空き時間に、ベッドの中で…と一日中スマホを片手に過ごしている人も多いかと思います。

ところが、スマホの使い過ぎで起こる健康被害が問題となっています。その中には胸が垂れるという女性にとっては見過ごせない問題も…。

スマホを覗き込む姿勢が、胸を垂れさせる!?

スマホの画面を覗いている姿勢をイメージしてみてください。片手あるいは両手でスマホを持って、目線を下に下げて画面を覗いていませんか?この姿勢、目線だけではなく、首も前かがみになり、両肩も内側に入ってしまいます。

つまり、胸を上に吊り上げてバストアップさせる筋肉が、下へ下へと向かってしまっています。

一度、自分がスマホを使っているときの姿勢を見直し、胸や周辺の筋肉が下に向かっているようだったら、意識的に姿勢を変えるなどしたほうがよいでしょう。

多くの女性が、スマホの使い過ぎによる姿勢の悪化やバストの垂れを実感

胸についてのあるアンケートでは、多くの女性が若い頃よりも胸が垂れてきたと回答しています。

また、胸が垂れる原因となる生活習慣については「運動不足」「パソコンを使っていて姿勢が悪くなる」といった回答と並んで「スマホを使っていて姿勢が悪くなる」という回答も上位に入っていました。

現代人の生活は、運動不足になりがちな上に、パソコンやスマホを長時間使うなど、胸にとってはよくないことばかりです。スマホやパソコンのない生活は不可能でしょうから、ストレッチや運動をするなど意識的にバストアップに気を配る必要があります。

バストの垂れ以外にも、こんな健康被害が

スマホの画面から出ているブルーライトという特殊な光で目が疲れやすくなったり、視力が悪化するというのはよく知られていますね。

他にも、本来ならば緩いカーブを描いているはずの首の骨がまっすぐになってしまうストレートネック、スマホの持ちすぎで指や手、手首に痛みを抱える通称「スマホ腱鞘炎」や「テキストサム」などがあります。

便利なスマホですが、使いすぎて健康を害してしまっては意味がありません。長時間の使用は健康になんらかの影響を与えることを頭に入れておきましょう。

スマホによるバストの垂れを防ぐには、こまめなストレッチを

エクササイズやサプリメントの服用でバストアップを目指しているのに、スマホの使い過ぎで胸が垂れてしまっては意味がありません。

内側に入りがちな肩と胸を開いて肩の力を抜いたり、肩を前後に回して肩の凝りをほぐしたり、前かがみになっている首を後ろに反らすなどのストレッチをこまめに行いましょう。

できれば同じ姿勢で長時間スマホを使うのを避け、15分に一度ぐらいの頻度で姿勢を変えたり、ストレッチを行いましょう。

便利なスマホですが、不自然な姿勢で長く使い続けることで健康被害も大きくなります。常に姿勢を意識して使うようにしましょう。