食べてバストアップ!おすすめの食べ物をリサーチ

胸の構造は10%の乳腺と90%の脂肪から形成されています。バストアップのポイントは乳腺をいかに発達させるかということです。女性ホルモンが分泌されると乳腺も発達します。乳腺に直接効くといわれている食べ物をチェックしてみましょう。

良質なタンパク質を含む肉や魚

「唐揚げがバストアップに効く」といわれているのは、鶏肉に質のいいタンパク質が含まれていることが理由です。しかし、唐揚げばかり食べていては逆効果。バランスよくさまざまな食べ物をとることが大切です。

タンパク質は肉や魚、大豆などあらゆる食べ物に含まれていますが、特にバストアップにおすすめの食べ物はマグロです。マグロにはタンパク質が豊富に含まれており、かつ体内では作ることのできない必須アミノ酸も含まれているため、積極的にとりたいですね。

毎日の食事にプラスしたい大豆製品

美容には豆乳がいいといわれるのは大豆に「大豆イソフラボン」が含まれているからです。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持っていて、バストアップのお手伝いをしてくれる成分だといわれています。

豆乳が苦手ならシリアルと一緒に食べたり、スープやドレッシングなどに少し加えるとまろやかになって美味しくいただけます。豆乳に限らず、たとえば豆腐や味噌、納豆、きなこなど大豆製品を日々の食事でとるようにしてみましょう。

ボロンを多く含む食べ物

「ボロン」とは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの働きを高める成分。主にキャベツに多く含まれています。ボロンは他の脂肪は増やさずに、胸の脂肪だけに働きかけてくれます。

しかし、バストアップに一日に必要な適用量はキャベツ1玉分と、かなりの量を摂取しなければなりません。キャベツばかり食べていては飽きやすく栄養も偏ってしまうため、キャベツ以外のボロンを含むと組み合わせて摂取するといいでしょう。

例えば、りんご、梨、ぶどうなどの果物や、アーモンドなどのナッツ類、海藻類もボロンが豊富に含まれています。

牛乳、チーズなどの乳製品

乳製品にも良質なタンパク質が多く含まれているため、バストアップに欠かせない食べ物の一つです。しかし、脂肪分が多くカロリーが高い食べ物が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。乳製品の中で特におすすめの食べ物はチーズです。チーズに含まれているアミノ酸は比較的低カロリーなうえ、バストアップにも有効といわれています。

ボリュームのあるふっくらとした美乳を作り出すには、女性ホルモンの働きを活性化してくれる食べ物をとることが大事です。上記の食べ物をぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。