効果的な日焼け止めの塗り方で紫外線から確実に肌を守る!

5月くらいから紫外線が増えるため、日焼け止めで肌をケアしている人は多いはず。しかし、日焼け止めは使用方法を間違えると、効果を半減させてしまうことにもなりかねません。日焼け止めの選び方や、効果的な塗り方について学びましょう。

日焼け止めはいつから塗ればいいの?

紫外線の量は季節によって変わります。紫外線の量が多いのは3月から9月頃まで。5月頃から急に増え始め7月8月にピークを迎えます。ですから、遅くとも5月頃からは日焼け対策を始めた方がよいでしょう。

さらに、気をつけたいのが3月4月の春先です。人間の肌は紫外線を浴びても角質層ができるだけブロックしようとします。しかし、冬の間の乾燥により角質層のバリア機能が低下しているため、まだ比較的紫外線量が少ない春先でも紫外線が肌の内部に入りやすい状態になっています。

日焼け止めは乾燥を助長する可能性もあるため、3月4月は日焼け止めを使うよりも、しっかりと保湿を行い、肌の角質層を健康な状態にすることが大切です。

顔用と体用の違いは?

日焼け止めの有効成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。紫外線吸収剤は日焼け止め効果が非常に高く、無色透明で伸びがよい反面、肌への負担が大きいのが難点です。紫外線散乱剤は肌への負担が少なく効果も持続する一方、紫外線吸収剤に比べて日焼け止め効果が低いだけではなく、伸びが悪く、白浮きしやすいデメリットもあります。

市販されている日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤もしくは紫外線散乱剤を併用している商品です。特に体用の日焼け止めは紫外線吸収剤が多く含まれているものが多いため、体用の日焼け止めを顔に塗るのは避けた方がよいでしょう。

SPF値とPA値の選び方と使用のポイント

日焼け止めの効果を示す値にはSPF値とPA値があります。SPF値は日焼けの直接的な原因となる紫外線UV-Bを防ぐ効果が持続する時間を表しています( 1SPF=20分間)。一方、PA値は肌に蓄積して老化の原因となる紫外線UV-Aを防ぐ効果を+で示しており、+の数が多いほど効果が高くなります。

基本的には、SPF値やPA値が高いほど肌への負担も大きくなるため、状況に応じて適切な日焼け止めを選ぶことが大切です。ベストは効果が低めの日焼け止めをこまめに塗り直すこと。また、普段使いとしては「SPF値20・PA値+」で十分です。

外出先などで塗り直せない場合は日焼け止めのパウダーなどを活用しましょう。

日焼け止めの効果的な塗り方

夏のメイクは、保湿化粧水→日焼け止め→下地→ベースメイクが基本です。保湿化粧水を塗ってから5分ほど置いて日焼け止めを塗るようにしてください。日焼け止めを顔に塗る場合の適正量は500円玉大といわれていますが、この量は思った以上に多いです。

半分ずつ2度塗りするなど塗りムラが生じないように工夫してください。日焼け止めは顔だけでなく、耳や首、デコルテにも塗り広げましょう。塗った後は手でしっかり押さえて肌になじませます。

夏は油分などが多いためあまり目立ちませんが、冬以上に肌のダメージが心配です。できるだけ肌への刺激を低いものを適正量使用することで、日焼け止めの効果を高めるようにしましょう。