食べ物で紫外線対策!身体の中から美肌を守る♪

肌の大敵、紫外線に対しては、日焼け止めや化粧品だけではなく、体の内側からもケアをおこないたいものです。紫外線対策としてぜひ注目したい「抗酸化作用」をもつ栄養素や食べ物、食べ方についてお話しします。

美肌には欠かせない「ビタミンC」

メラニン色素の生成を抑制しシミやソバカスを防ぐほか、コラーゲンの生成を助け肌の調子を整えるのがビタミンCです。一度に大量に摂っても必要のない分は排出されてしまうため、毎日摂ることが大切です。また、水に溶けやすく、熱や空気にも弱い性質があるため、洗ったり、茹でることで減少してしまいます。

生で食べられるものは新鮮なうちにサラダなどで食べるようにしましょう。なお、ジャガイモなどのイモ類は、デンプン質によって守られるため、ビタミンCの熱による破壊はありません。

ピーマン、ほうれん草、じゃがいも、レモン、アセロラ、いちご、キウイフルーツなどに多く含まれています。

若返りのビタミン「ビタミンE」

紫外線により体内で作られる活性酸素は細胞を老化させる原因とされています。ビタミンEは、「若返りビタミン」の別名をもつほどの強力な抗酸化作用で、細胞の酸化を防ぐ働きがあります。血流を促進する作用もあるので全身の新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを整えてくれる効果も期待できます。

アーモンドや落花生などのナッツ類、うなぎのかば焼き、かぼちゃ、アボカド、大豆、卵などに多く含まれています。

さらに、ビタミンEは、ビタミンCと合わせて摂ることで相乗効果を生み出します。

ビタミンAとしての働きもする「β-カロテン」

緑黄色野菜に多く含まれているβ-カロテンもまた強い抗酸化作用をもち、美肌には大切な栄養素です。また、β-カロテンは、必要な分だけ体内でビタミンAに変換されるため、β-カロテンとビタミンA両方の働きを兼ね備えています。

ビタミンAは、皮膚の新陳代謝を高める働きをもっているため、不足してしまうと角質化や乾燥肌、といった肌荒れの状態を起こしやすくなってしまうため、やはり肌の健康には欠かせません。

にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、ピーマンなどに多く含まれています。 β-カロテンは、少量の油と一緒に摂取することで、吸収がよくなります。

ジュースでも大丈夫!「リコピン」

トマトやすいかに含まれている赤色色素リコピンも、強力な抗酸化作用をもち、そのパワーはビタミンEの100倍ともいわれています。もっともリコピンを多く含む野菜はトマトですが、熟し具合によってリコピンの含有量は大きく変わってきます。より完熟したトマトを選ぶことがおすすめです。

また、リコピンは熱に強いため、ジュースやピューレなどトマト製品からも十分摂取できるほか、むしろ加熱加工された状態のもののほうが吸収されやすいと考えられています。

ビタミン類はいつでもしっかり摂取したいものですが、紫外線が気になる季節は特に抗酸化作用を意識して食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。