準備大丈夫?赤ちゃんの紫外線ケア

紫外線の強い季節、赤ちゃんの紫外線ケアの準備はしていますか?赤ちゃんのうちから浴びる紫外線が、大人になってからの肌に大きく影響してきます。赤ちゃんの紫外線ケアについて正しく知っておきましょう。

赤ちゃんにも紫外線対策って必要?

赤ちゃんの肌はデリケート。まだ肌のバリアも未熟なため紫外線のダメージを受けやすく、すぐに炎症やトラブルを起こしがちです。免疫力の低下などの問題も起こりやすくなります。

人は紫外線を浴びると、体内で骨の生育に必要なビタミンDが作り出されます。一方、赤ちゃんのうちから紫外線を大量に浴びていると、皮膚の老化や皮膚がんなどを引き起こす可能性もあります。

そのため、以前日光浴は母子手帳で勧められていましたが、現在は小さいうちからの紫外線対策の必要性が記載されています。

小さい頃に紫外線を浴び過ぎると起こるリスクとは?

一般的に、人は一生のうちに浴びる紫外線量の約50%を18歳までに浴びています。小さい子どもほど細胞分裂も活発で、紫外線によって遺伝子に傷がつきやすいため、大量に紫外線を浴びた年齢が低ければ低いほど、若いうちに皮膚ガンや白内障を発症するリスクが高まるといわれています。

また、小さいころから紫外線を浴び続けていると、20歳頃から光老化によるシワやシミも出やすくなります。成人後に、若々しく美しい肌を保つためにも、赤ちゃんこそ紫外線対策をしっかりする必要があります。

赤ちゃんにおすすめの紫外線対策方法とは?

赤ちゃんにおすすめの紫外線予防方法は、ベビーカーの日よけや帽子で紫外線を遮り、肌にベビー用の日焼け止めを塗ることです。

日焼け止めは、赤ちゃんの肌にも安心な低刺激性の、せっけんで落とせるタイプがおすすめです。SPF値は15~20程度で十分です。SPF値が高い日焼け止めは刺激も強いため、数値の低いものをこまめに塗り直す方がよいでしょう。

1日の中で紫外線が強いのは10時~14時頃です。その時間帯は外出を控えたり、遊ぶ場所に日陰を作るなど、外出する時間や遊ぶ環境を工夫することでも紫外線対策を行うことができます。

日焼け止めを塗った後のケア

大人と同じで、日焼け止めを塗ったら必ずきれいに落とすことが大切です。日焼け止めは石けんで落とせるタイプを選んで、お風呂で優しく洗いながら落としてあげましょう。赤ちゃんの足首や手首などシワになっている部分に日焼け止めが残りやすいので、ていねいに洗います。

赤ちゃんの肌はまだ油分が少なく乾燥しがち。お風呂から出たら、すぐに保湿性の高いローションやクリームで皮膚を保護してあげましょう。

子どものころから紫外線を防ぐことによって、光老化や皮膚ガンのリスクが減らせます。赤ちゃんの肌を守るために、紫外線対策を行いましょう。