ヨガの服装を知りたい!どんな格好でやるのが理想的?

ヨガをやる場合、意外と盲点になるのが「服装」です。ヨガはそれほど激しいスポーツではないこともあり、一般的なジャージやスウェットで取り組みたくなる人も多いでしょう。しかしながら、実はヨガの服装選びにはいくつかのポイントがあるのです。

基本的にはジャージやスウェットなどは使わない

ヨガにおいては、ジャージなどは基本的には使わないと言われています。ヨガは確かに激しいスポーツではありませんが、じっとりと汗をかくものでもあります。そのためスウェットなどを着ていると服が汗を吸収しすぎてしまうのです。

ヨガというのは、「ポーズを作る」ものです。しかし汗をたくさん吸ってしまったスウェットなどでは、どうしてもポーズを作るのが難しくなってしまいます。

また、身体にまとわりついて不快な思いもするでしょう。そのため、ヨガにおいては一般に利用されているスウェットなどは利用しないのです。

上半身は半そで~ノースリーブが基本

ヨガの服装は、上半身は半そで~ノースリーブが基本です。これなら腕にまとわりつきにくく、手を上げたり、足をつかんだりするポーズの時でも邪魔になりません。

ヨガをする時、ブラジャーをつけるのかどうか?という問題があります。基本的には「つけない方が良い」とされています。これは、「身体をひねる」という動作がヨガには多いからです。

その時にブラジャーのワイヤーなどがちくちくあたると、結構不快ですよね。また、ブラジャーを傷めることにもなりかねません。

このためヨガの服装というのは、パットが入っているもの選ぶのが基本だと言われています。もし見つからなければ、ブラジャーホックがないタイプのもので、ワイヤーが入っていないものを選ぶと良いと思います。また、汗などで透けない素材を選ぶのも大切ですよ。

下半身は、ゆったりとしたズボンを選ぶ人が多いようです。ただ上半身と比べて「長さ」は割と自由で、長ズボンを履く人、七分丈の人、半ズボンの人など、実にさまざまです。

ただし、ここで述べたのは、あくまで「理想的なヨガの服装」です。「えっ、そんなに色々本格的な決まりがあるの?高くつきそうだし、それなら止めようかな、敷居が高いし。」と思う必要はありません。

初心者コースを用意しているジムなどでは「動きやすい格好ならOK」としていますから、「続けられそう」「もっと本格的にやりたい」と思ってから検討してもいいと思われます。