紫外線、本当は注意しなければならない季節っていつ?

紫外線は、肌の老化を促したり、皮膚がんの原因にもなりかねない「肌の大敵」だということは知られていますね。しかし、その紫外線に注意しなければいけない季節については、意外に誤解が多いということはご存知でしたか?

勘違いされることが多い、紫外線がいちばん強い季節

紫外線は、灼熱の太陽が降り注ぐ、晴天が多い真夏の暑い時期にいちばん強くなると思っている人も多いようですが、そこに意外な落とし穴があります。実は、紫外線がいちばんのピークを迎えるのは、5月から6月にかけてのまだ初夏とも言える季節なのです。真夏に比べまだまだ過ごしやすい気候なのでつい気を抜いてしまいますが、肌のことを思うならば、この時期の前からすでにしっかりした紫外線対策を始めていなくてはいけません。

初夏に注意しなければならない理由とは?

紫外線は気温や晴天の多さに関係することなく、初夏に強くなるというのはなぜなのでしょう?それは太陽の「角度」が関係しています。 日本では、太陽がもっとも地球に近づくのは6月の夏至の頃。それはつまり太陽がより高い角度にくるということです。紫外線は地球を覆う大気層に吸収され、その一部が通過して私たちのもとに届きます。しかし夏至の前後1か月ほどは、太陽がより真上から降り注ぐため、紫外線の大気層を通過する距離がもっとも短くなります。それによって紫外線が強い状態のまま降り注ぐというわけです。

UV-Aは曇り空でも容赦ない!?

紫外線には、真皮まで到達しシワやたるみの原因となる「UV-A」と、メラニン色素を生成しシミやそばかすの原因となる「UV-B」の2種類があります。そのうち紫外線の約9割を占めるとされているのがUV-Aです。UV-Aは大気層で吸収されることなく降り注ぎ、5月くらいから秋まで、ほぼ横ばいのピークを迎えます。また、1年を通してUV-Bより季節による差が少ないという特徴も持っています。雲の影響を受けにくいことから、たとえ梅雨時期の曇り空であっても、紫外線は私たちの肌にしっかりと影響を及ぼしているのです。このようなことから、油断しがちな初夏は、もっとも紫外線に注意が必要な季節と考えられます。

たとえ冬でも油断は禁物

太陽の角度との関係から、冬は大気層を通過する距離が長くなるため、紫外線の力は弱まることには間違いありません。しかし、冬もあなどることなかれ。雪国の方はご存知かもしれませんが、冬に怖いのは、白い雪に反射した紫外線の影響を受ける、いわゆる「雪焼け」と呼ばれるものです。太陽の雪への反射率は約90%といわれています。つまり、積雪のある状態では、空から受ける時の約2倍の紫外線を浴びることになるのです。スキーやスノボなど、真っ白な雪山でウインタースポーツを楽しむ場合には、油断せずに十分対策することが必要です。紫外線のしくみを理解し、より早い時期から紫外線対策を行いましょう。