紫外線とは何か、理解できてますか?

紫外線とは何か、日焼けのメカニズムや紫外線が肌にどれくらいの影響を与えるかについてご存知でしょうか?紫外線の基礎を知ることで、紫外線対策の意識を高めていきましょう。

紫外線の種類と肌への影響

紫外線は、太陽光の中でももっとも波長が短い光で目には見えません。紫外線は波長によってさらにUV-A、UV-B、UV-Cの種類があり、そのうち地表に届くのはUV-AとUV-Bです。

UV-Aは地表に届く紫外線の9割を占めており、浸透力が高く肌の奥の真皮層にまで到達し、蓄積して肌の老化の原因となります。

一方、UV-Bは肌の表面に吸収されて炎症や色素沈着など日焼けの原因となる紫外線です。量としては地表に届く紫外線の約1割しかありませんが、肌への作用が強いため短時間で肌に強い影響を及ぼします。

紫外線は季節・時間帯・場所などにより変動する

紫外線は1年のうちで4月~9月頃がもっとも多い季節です。これは太陽の角度が直角に近く、大気圏を通過する時間が短くなるためです。同じ原理で、1日の中では10時~14時頃に最も紫外線量が増えるため、特に紫外線対策をしっかりするようにしましょう。

また、曇りや雨の日はUV-Bの量は多少減少しますが、UV-Aはそれほど影響を受けません。特にうす曇り程度ではUV-Bでも晴天時の8割以上が雲を通過するため油断は禁物です。紫外線の量は緯度が低く、高地に行くほど強くなります。

また、雪では約9割、砂浜では3割弱が反射するため、紫外線を浴びる量もそれだけ多くなります。したがって、レジャーの際は特に注意が必要です。

日焼けのメカニズム

皮膚が紫外線を浴びると、まず表皮にある角質層が紫外線をブロックし、表皮内に侵入するのを防ごうとします。しかし、乾燥や過度の紫外線などにより角質層のバリア機能が低下していると、角質層で紫外線をブロックすることができなくなります。

紫外線が角質層の内部に入ると、紫外線が真皮へ侵入するのを防ぐために、表皮の底の基底層に存在しているメラノサイトがメラニン色素を生成します。紫外線の量が増えるとメラニン色素の生成量が多くなるため、皮膚に沈着して皮膚の色が濃くなってしまうのです。

赤くなるタイプと黒くなるタイプ

日焼けをすると、赤くなるだけで黒くならないタイプと、赤くならずにすぐに黒くなるタイプの人がいます。これは、人によって肌のタイプが異なることが原因です。色白の人はメラニン色素の生成能力が低いために赤くなるだけで黒くはなりません。しかし、日焼けによる痛みが強いことが特徴です。

逆に、色黒の人はメラニン色素の生成能力が高いために日焼けによる炎症を起こしにくいですが、すぐに褐色になる傾向があります。もっとも多いのはこの中間で、日焼けをすると多少の炎症を起こした後、色素沈着が起こり褐色になるタイプです。

紫外線が肌に与える影響や自分の肌タイプを把握することで、適切な紫外線対策をしましょう。