デトックス効果大!バスソルトの使い方が自由な件!

バスソルトにはミネラルたっぷり。身体が芯から温まり、保湿効果もあります。ただお風呂に入れるだけでもいいですが、少しアレンジを加えてバスソルトの恩恵を十分に楽しみましょう。

バスソルトでマッサージしよう

バスソルトはスクラブとして使うことができます。身体に練りこむようにマッサージしてみましょう。ポイントは末端神経が通るからだの端から行うこと。バスソルトの効果で身体が芯から温まっていきます。

また、バスソルトはクリーム状ではなく粒状であるため、荒いマッサージだと肌を傷つけてしまいます。やさしくマッサージしてあげましょう。

マッサージに使うバスソルトは、できるだけ粒子の細かいものを選ぶのがコツ。粒子が細かいと肌になじみやすく、肌を傷める心配が減ります。肌がゴワついてきたら、バスソルトのマッサージでケアしてみましょう。

バスソルトにアロマをプラスして楽しもう

少し気分を変えたいときは、バスソルトにアロマオイルをプラスしてあげましょう。アロマオイルの香りで気分もあがるはず。さらに、アロマオイルには種類によってさまざまな効果が期待できるため、自分の悩みに合わせて使い分けることもできます。

特にリラックスしたいときにおすすめなのが、ラベンダーやカモミール。他にも気分をあげるローズマリーや、美肌効果のあるローズもおすすめです。アロマオイルは、5滴ほどを目安にバスソルトの入った湯船にプラスしてあげましょう。

バスソルトにプラスして入浴時間を美容時間に

アロマオイル以外にも、スキムミルクやはちみつをプラスする入浴法がおすすめです。 スキムミルクを使うときは、大さじ4杯を目安にバスソルトにプラスします。スキムミルクには保湿効果がたっぷり。肌をすべすべにする効果もあるため、肌の乾燥が気になるときに使ってみましょう。

さらに、はちみつもバスソルトと相性バッチリです。はちみつには、保湿効果はもちろん新陳代謝を高めからだを温めてくるほか、不要な皮脂を落としてくれる効果があります。冷え性の方にもおすすめです。10gを目安にプラスしてあげましょう。

足湯にもバスソルト

さまざまな理由で、普段はシャワーだけで済ませてしまう女性もいらっしゃるのではないでしょうか。全身浴ができないときは、足湯だけでも行ってみましょう。

足湯をするときにもバスソルトを入れると効果的です。バスソルトを湯に入れることによって、足元から血行促進や老廃物を排出する効果が得られます。なかなか疲れが取れないときは足湯でリラックスしましょう。

バスソルトはもちろん単体でも使えますが、さらに、アレンジすると楽しみ方が広がります。ただし、皮膚が弱い人は刺激を感じてしまうことがあるため、使用を控えるか、肌の弱い顔には使わないようにしましょう。