下半身ダイエットで大事な4つのこと

下半身がなかなか痩せられないのは、下半身痩せに必要な要素のうちのどれか一つがかけているからかもしれません。しっかりとポイントを押さえられているか確認してみましょう。

食事の改善で、体質も改善できます

下半身痩せを行う上で、まず見直したいことが食事です。食事は毎日摂取するものですから、やはり下半身にも影響があります。食べすぎは控えることが第一。食べ過ぎた分はエネルギーとしてうまく消費されず、脂肪になり蓄積されてしまいます。カロリーの高いジュースやスイーツ類は控えるようにしましょう。

塩分にも注意が必要です。過度な塩分はむくみの原因になります。できるだけ減塩食材を使う、スナック菓子やインスタントは控えるなどの工夫をしましょう。むくみを解消するバナナやほうれん草、代謝をよくする野菜やきのこ類を積極的に食べることもおすすめです。

無酸素運動で脂肪を燃焼しやすいカラダ作り

無酸素運動とは、筋トレや短距離走などの酸素を取り入れない運動のこと。無酸素運動自体には、下半身を細くする効果はありませんが、筋力をあげ下半身痩せをサポートしてくれる効果が期待できます。特に普段運動の習慣がなく、筋力不足の方にはおすすめです。

下半身に効果的な無酸素運動のメニューは、誰でもできるスクワット。屈伸の動きは足全体の筋力をアップさせるだけでなく、腹筋も鍛えることができます。一日数回からでもいいのではじめてみましょう。下半身痩せが目的ならば、足の指先を外側に向けて行うことがポイントです。

有酸素運動でカロリーを消費する

無酸素運動で痩せやすい体を作ったら、有酸素運動で実際に体脂肪を消費しましょう。まず初心者の場合は、ウォーキングからはじめてみてください。ウォーキングは有酸素運動の中でも、比較的からだへの負担が小さいことが特徴です。最初は1日20分を目標にして歩く習慣をつけましょう。

もっと効果を高めたい人はジョギングや縄跳びもおすすめです。ウォーキングよりも消費カロリーが高く、脂肪燃焼効率もよくなります。有酸素運動をする際は、ヒザや腰を痛めないためにしっかりと前後にストレッチを挟むようにしましょう。

マッサージで溜まった老廃物を排出しよう

足のむくみやセルライトは、老廃物が溜まることが原因の一つです。老廃物をきちんと流すためにマッサージを行いましょう。肌が柔らかくなっているお風呂上りに、足全体をさすったり、揉んだりしてください。

下半身は1日2日では細くなるとは言い切れません。運動を習慣化して、根気よく続けていくことが大切です。また、足痩せのポイントを一つでも外すとダイエットが長引いてしまうため、4つのポイントを確実にこなしながら下半身ダイエットを成功させましょう。