日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の体質の違いって?

ケアを行わなくても日焼けない人もいれば、日焼け止めを塗っていてもすぐに焼けしやすい方もいます。日焼けしやすい人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。

日焼けのしやすさにはメラニン色素が関係していた

まず日焼けはどうやって起こるのか、メラニン色素というものが深く絡んでいます。メラニン色素は紫外線からは肌を守ってくれる成分。メラニン色素には、紫外線を吸収して肌の細胞が傷つけられるのを防ぐ働きがあります。日焼けによって肌が黒くなるのは、メラニン色素の働きによるものです。

メラニン色素は肌を守ってくれる成分ですが、シミの原因にも成り得る成分です。メラニン色素は、肌のターンオーバーによって排出されないと、シミとなって肌に残ってしまいます。

日焼けしやすい人の特徴とは?

日焼けしやすい人には、「紫外線を浴びると、すぐに肌が黒くなってしまう」という特徴があります。肌が黒くなるのは、メラニン色素の働きによるものです。先天的な場合もありますが、なんらかの原因によって紫外線の刺激に敏感になり、メラニン色素の生成が活発になります。

昔から日焼けしやすいと言うわけでもないのに、最近日焼けしやすくなってきたら肌が弱くなってきた証拠である可能性もあります。日焼け対策を含めスキンケアなどを見直す必要があります。

日焼けしにくい人の特徴とは?

「日焼けしにくい」ということは、メリットだけではありません。「肌が黒くならない」と言うことは、メラニン色素がうまく生成されていない可能性があるのです。

紫外線をうまく排除できず、肌に紫外線のダメージが蓄積している可能性があります。そのため、日焼けをしない人ほど紫外線対策が重要なのです。紫外線のケアを行わない場合、皮膚がんや肌の老化の原因になることも…。

紫外線を浴びた後に、一旦肌が赤くなってから黒くなる場合は問題ありませんが、黒くならない場合は注意が必要です。

乾燥肌も日焼けしやすい

乾燥肌は、肌の細胞と細胞の間に隙間ができ、肌の密度が低い状態です。隙間が多いと、紫外線は肌の深層まで容易に辿り着いてしまいます。肌の深層に紫外線が届いてしまうと、メラニン色素も生成促進されてしまいます。

そのため、日焼け対策では紫外線ケアだけでなく、しっかり保湿をして乾燥肌を防ぐことも重要です。

日焼けをしやすい人としにくい人の違いは、メラニン色素と紫外線に対する免疫力にあります。いずれの場合も、紫外線対策や保湿対策を日ごろから行い、すこやかな肌を保ちましょう。