そのクセが問題かも?O脚の原因となる習慣5つ

O脚の多くは普段の生活習慣が原因だと言われています。何気ないあなたの行動がO脚を悪化させているかもしれません。O脚の原因である生活習慣を5つ紹介します。

猫背はゆがみの元です

猫背は背中が丸まった状態のこと。猫背は元々の背中のS字カーブとは全く反対の姿勢になるわけですから、腰や肩に負担がきてしまいます。さらに腰の負担が骨盤のゆがみの元になってしまうのです。

骨盤が歪んでしまうと足にもゆがみが現れ、結果的にO脚を引き起こしてしまいます。まずは、自分が猫背になっていないか姿勢を確認してみましょう。

猫背のクセを直すには常に姿勢を意識することと、背筋や腹筋運動でインナーマッスルを強化し正しい姿勢を維持できるベースを作ってあげることが大切です。

間違った歩き方がO脚を作ってしまいます

姿勢の次に気をつけたいのが、普段の歩き方です。歩き方は常に意識しないからこそ矯正するのが厄介。正しい歩き方を身につけるまでは、常に歩き方を意識するようにしましょう。

間違った歩き方とは、太ももを使って歩こうとする歩き方です。太ももだけで歩こうとすると太ももの筋肉が酷使され、歩くたびに筋肉が硬くなってしまいます。筋肉が硬くなるとO脚になる要因を作ってしまうのです。

歩く際は、みぞおちを左右に動かすように意識しましょう。モデルのような歩き方が理想ですね。

足を組むのはゆがみの元です

普段イスに腰掛けるときどのように座っていますか。普段から足を組んで座っている方は要注意です。中には無意識のうちに足を組んでいる方もいるのではないでしょうか。

人は、バランスをとるために安定を得ようとします。右左のどちらかに重心が傾いてしまうと安定を得るために足を組んでしまうのです。足を組むという行為はゆがみを引き起こしO脚の原因ですので、組まないように心がけることが大切。

まずは足を無意識に組まないためにも、ストレッチなどでからだのバランスを整えてあげましょう。

普段の靴にヒールは避けましょう

ヒールが高い靴は足がスッキリ見えておしゃれですが、ヒールの高い靴ばかりを選んでしまうとO脚の原因になりかねません。ハイヒールはつま先が低く、かかとが高く設計されています。

ハイヒールを履いて歩くということは、爪先立ちで歩くのと同じこと。爪先立ちの状態が続くと腰に負担がかかり、脚がゆがみ、O脚の原因になってしまいます。

O脚でお悩みの場合は、なるべくハイヒールを履くのを控えましょう。どうしてもおしゃれをしたい日は、週に1日だけなど履く日を決めておくと安心です。

運動不足もO脚の原因です

筋肉を酷使するのもO脚の元ですが、運動不足もまたO脚の元です。特に、足の内側にある内転筋が衰えてしまうと、足を内側に閉じる力がなくなり足がだらしなく開き、O脚になってしまいます。適度な運動もO脚改善の第一歩です。難しい場合は、ストレッチからはじめてみましょう。

O脚は普段の何気ない行動がきっかけの場合もあります。まずは、自分の生活習慣を見直して見ましょう。さらに、O脚に繋がるクセが分かったら、O脚矯正などを行う前にクセを直していくことが先決です。