夏を楽しむために!紫外線の予防に役立つ必須アイテムとは?

日差しが強い日に欠かせないのが紫外線の予防。予防を怠ると、肌のシワやたるみなどをつくる原因となってしまいます。しかし、夏は登山や海水浴など楽しみが盛りだくさんの季節。紫外線を気にせず夏のレジャーを楽しむためにも、今回は紫外線を予防に役立つ必須アイテムをご紹介します。

紫外線から目を守るサングラス

紫外線は目にもダメージを与えます。ダメージが年々積み重なることで、白内障を引き起こす原因になりかねません。それだけでなく、視界がゆがんでしまう黄斑変性にもなることがあるため、目の紫外線予防は不可欠です。

そこで必須になるのがUVカットレンズを使ったサングラスです。紫外線透過率が低いサングラスを選ぶようにしましょう。レンズは黒だと効き目が強そうなイメージがありますが、実際、色は関係ありません。レンズ部分が黒くても紫外線を防ぐことができないサングラスもあるので、注意が必要です。

眼球をガードするUVカットコンタクトレンズ

紫外線はあらゆる角度から襲い掛かってきます。いくらサングラスをかけていても、レンズの横から入射してくる紫外線は防げません。横からさす紫外線は、角膜にあたって反射し、目の奥へと入り込むことがあります。

さらにやっかいなことに、サングラスに反射した紫外線は、目と鼻の間に集中してあたってしまうケースも……。 サングラスで防げない紫外線をカットするには、UVカットコンタクトレンズがおすすめです。サングラスと併用すると、目と目の周りへの影響を最小限に食い止めることができます。

地面の反射光を吸収する黒い日傘

移動する時に紫外線を大幅に防いでくれるのが日傘です。日傘をさすときは、地面の反射光を考慮しなくてはなりません。日傘をさして外を歩いていると、反射光が傘の内側でさらに反射し、肌に紫外線があたりやすくなってしまうことがあるからです。

日傘を選ぶときは「傘の内側が黒色」の日傘を選びましょう。黒は紫外線を吸収する色で、傘内の光の反射を防ぐことができます。

UVカット機能のある日傘は「寿命が2年~3年」です。薬品を染み込ませた傘の布の効果が切れてしまうため、こまめに買い換えましょう。

UV透過を防ぐ衣類用紫外線スプレー

カーディガンやストールを羽織って、肌の露出が少ない洋服を着ていても、透過しないか心配になるのが紫外線の恐ろしいところですね。日差しが特に強い日は万全を期すためにも「衣類用の紫外線スプレー」を携帯しましょう。お部屋のカーテンにも使用できるため、自宅内での紫外線対策にも応用できます。

紫外線と戦うためにはそれなりの予防、対策が必要です。少しでも多くの必須アイテムを準備しておきましょう。早速、この夏から取り入れてみてくださいね。