1年前のものは要注意!?日焼け止めの使用期限とは

日焼け止めの使用期限しっかり守れていますか?タイプごとの日焼け止めの使用期限と保管方法を知って、肌トラブルを未然に防ぎましょう。

日焼け止めの基本的な使用期限とは?

基本的に日焼け止めは「1年以内に使い切るのがよい」とされています。しかし、保存状態がよくない場合には、開封後1年経たない日焼け止めも使用できない可能性があります。

「異臭がしないか」「変色していない」「油分と水分に分離されていないか」の3点を必ずチェックしましょう。日焼け止めの中には「油分と水分がもともと分離されているタイプの日焼け止め」もありますが、古くなっている場合、油分が酸化し、水分と混ざり合わなくなっています。使用前に確認してみましょう。

日焼け止めのタイプによって使用期限は異なります

日焼け止めの中でも使用期限が短いタイプが、「無添加」や「オーガニックタイプ」の日焼け止めです。これらのタイプには、防腐剤が含まれていないため、肌にやさしい一方で、長期間品質を保つことが難しいという特徴があります。開封後はできるだけ早めに、未開封でも1年以内には使い切るようにしましょう。

次に使用期限の短いタイプはジェルや乳液タイプの日焼け止めです。未開封の場合、3年以内であれば使用することができます。開封後の場合でも、1年以内であれば使用可能です。

スプレータイプの日焼け止めは、開封後3年間は使うことができます。頻繁に使用しない方は、スプレータイプの方がいいかもしれません。

使用期限を過ぎた日焼け止めを使用するとどうなるの?

多くの日焼け止めには、酸化防止のための「防腐剤」が含まれています。しかし、日焼け止めに含まれる防腐剤は「使用期限分のみの分量」しか含まれていません。つまり、使用期限を過ぎてしまったら、防腐剤の効果がなくなり、日焼け止めの酸化が進み、品質を保てなくなってしまうのです。

酸化した日焼け止めを肌に塗布してしまうと、肌の老化や肌トラブルの原因になってしまうことがあります。そのため、使用期限を過ぎた日焼け止めは使用を控えるようにしましょう。

日焼け止めの正しい保管方法

止めの品質を落とさないためには、開封後の保管方法が重要です。開封した日焼け止めは、酸化防止のため、直射日光の当たらない室内で、常温で保管するようにしましょう。また、雑菌が繁殖するので湿気の多い場所での保管も避けることが重要です。

日光が当たらず、湿気の少ない場所」という条件から「冷蔵庫」がイメージしやすいかもしれませんが、冷蔵庫は内容物を冷やし、成分の分離が進むことにより品質が損なわれる恐れがあるため、保管場所としては不適です。

日焼け止めには使用期限があります。使用期限を過ぎた使用は、肌トラブルの元になるため、できるだけフレッシュな内に使用し、美しい肌を保ちましょう。