【紫外線」今年は早い時期から要注意!

ゴールデンウィークの頃から紫外線に注意する人は多いと思いますが、実はもっと早くから対策する必要がありそうです。紫外線対策が必要な時期、本当はどうなのでしょうか。

この10年でもっとも紫外線が「早い」!

紫外線が気になりだす季節。その紫外線、今年は過去10年間でもっとも早く「非常に強い」とされる値を超えていることがわかりました。紫外線が強かった過去10年の平均だと、紫外線が「非常に強い」値を超えるのは5月上旬ですが、今年は3月頃から強くなり始め、4月中旬にすでこの値を超えています。

過去に、今年と同じくらい早く「非常に強い」紫外線が観測されたのは2009年。まだ肌寒い日もある4月から、紫外線対策はしっかりしておく必要がありそうです。

紫外線の強さが季節によって違う理由

紫外線の強さは季節や天気、時間帯によって変わります。季節では4月~9月頃、時間帯は10時~14時頃、曇りの日より晴れた日が強くなります。

本来なら、日本では太陽がもっとも近い位置にある6月の夏至の頃、紫外線が一番強くなるはずですが、この時期は梅雨に当たるため、紫外線の強さの平均値はあまり高くなりません。実際に紫外線がもっとも強くなるのは、晴れる日の多い7月~8月にかけてです。

4月~9月の間に降り注ぐ紫外線量は、年間総量の約8割。12月や1月の紫外線量は6月頃の約1/6です。

晴れた日だけ紫外線に気をつければいい?

紫外線には波長の異なるUV-AとUV-Bがあります。 このうちUV-Aは真皮まで達し、エラスチンやコラーゲンを変質させるので、肌の弾力が失われてしまいます。UV-Aは雲やガラスも通過して一年中降り注いでいるため、曇りの日や室内でも油断できません。

一方、表皮にダメージを与えるUV-Bは、日焼けで肌が赤くなったり黒くなったりする原因となるもの。肌の炎症や乾燥などを引き起こします。雲などで遮られますが、曇りの日でも晴れた日の7割程度降り注いでいます。したがって、曇りの日や室内でも紫外線対策は必要です。

紫外線対策のポイント

冬でも長時間屋外にいれば、夏に1~2時間屋外にいるのと同じくらいの紫外線を浴びてしまいます。1年を通じてUVカット効果のある下地などを使い、紫外線の強い季節や長時間屋外にいるときは日焼け止め以外に、サングラスや帽子、日傘で紫外線をカットすることも大切です。

日焼け止めのSPF値が高いほど日焼け防止効果も向上しますが、肌への負担も大きくなります。レジャーや長時間屋外にいる時に使うのか、日常紫外線対策なのか、また季節や天気によっても使い分けるとよいでしょう。

紫外線は3月頃から徐々に強くなっています。油断せずに早くから紫外線対策をしておきましょう。