まつげエクステのもちを良くする方法4つ

サロンなどでつけてもらったまつげエクステは、「少しでも長もちできたら良いな」と思いませんか?少しのコツと工夫で、まつげエクステの装着期間を長くすることができるようになります。

まつげエクステのもちを良くする方法1:乾かす

まつげエクステのケアで一番の敵は、水分です。「でも、目は常に涙で湿っているでしょう?」と思ってしまいますが、涙が覆っているのは角膜です。

まつげエクステを装着している皮膚、つまりまぶたに面している皮膚に水分が溜まってしまうと、どうしても接着剤がよれたりはげたりしてしまいます。かといって、目の周りだけ洗顔しないのはもっとNG。

ポイントは、洗顔後はドライヤー等を利用してまつげエクステをしっかり乾かすこと。この行為だけで随分ともちが良くなりますよ。

まつげエクステのもちを良くする方法2:落とす

せっかくつけたまつげエクステなのに、自分のまつげと一緒に本数が減っちゃった…なんて経験はありませんか?

まつげエクステが劣化してしまう原因の1つに、目をこすってしまっているということが挙げられます。無意識のうちに、目をこすってしまった経験はありませんか?

さらに、アイメイクで使っているマスカラも要注意。つい落ちにくくキープ力が強いタイプを選びたくなりますが、まつげエクステにびっとりとマスカラがついてしまっては、劣化も早くなります。

使うマスカラは、お湯などで簡単オフが可能なタイプを選び、汚れは常にしっかりと落とす習慣をつけましょう。

まつげエクステのもちを良くする方法3:ほどく

最初は1本ずつキレイに伸びていたまつげエクステが、1週間、10日と使用していると、なんだか毛束ができてしまった経験はありませんか? この毛束ができる1番の原因は、きちんとメイクオフができていないことです。

さらに、うつ伏せや横向きなど、目に負担がかかる姿勢で長時間寝てしまうと、まつげエクステ装着時と異なったクセがついてしまうことも。

まつげエクステのケアをする際に、絡まってしまったエクステ部分は、マスカラコームなどを利用してしっかりとほどきましょう。その際は地肌を傷つけないように注意しましょうね。

まつげエクステの持ちを良くする方法4:メンテナンス

やはりキレイな状態のまつげエクステを保つには、メンテナンスも大事になってきます。まつげエクステをつけている人の多くは、まつげのボリュームが少なくなってくると、“リペア”と呼ばれる修復に通う女性は多いですよね。

確かにリペアで少なくなった本数を増やすのは施術も楽ですが、3回に1度程度は全て落として、肌のコンディションや自分のまつげの状態を確認しましょう。まつげエクステを長もちさせる最大の条件は、自分のまつげや肌のコンディションが整っていることですよ。