これでフサフサぱっちり目に。自宅でできるまつげのケア

マスカラなしでもフサフサなまつげって、女性であれば誰しも憧れますよね。そんなフサフサまつげを手に入れるためには、普段のケアが大事です。まつげをケアしてあなたもフサフサまつげを手に入れませんか?

メイクオフは優しくしっかりと

メイクをクレンジングで落とす時に、ついゴシゴシとこすって落としちゃうことってありませんか?このゴシゴシこする行為は、肌だけでなくまつげに対してもダメージが大きく負担になっています。

まつげをケアする上でマスカラなどアイメイクはしっかり落とす事が基本ですが、メイクオフの際には優しく落としましょう。

クレンジングでも落としにくいマスカラは、コットンと綿棒を準備。目の下にクレンジング剤を含ませたコットンをあて、同じくクレンジング剤をしっかりと含ませた綿棒でまつげの根元から毛先に向かってこするように落とします。

メイクオフ後はしっかり保湿。オススメはまつげ専用美容液

クレンジングと洗顔でまつげと肌を清潔にした後は、しっかりと保湿します。洗顔後、肌には化粧水や乳液、美容ジェルなどを使って肌のコンディションを整えますよね。まつげのケアも同様に、まつげ専用の美容液を使って栄養分を補いましょう。

まつげダメージの原因に、まつげの乾燥や栄養不足も挙げられます。なので、まつげをケアする時には、まつげ専用美容液の利用がオススメです。

まつげをケアするために選びたいマスカラ

まつげに負担がかかっていると分かっていても、どうしてもマスカラを塗らない・つけまつげも着けないという事に抵抗感を覚える女性も多いはず。そこで、マスカラを選ぶときにオススメしたいのは、お湯で落とせるタイプのマスカラです。

クレンジングを使わなくても落とす事ができるマスカラは、メイクオフの時にかかるまつげへの負担も少なくなります。メイクよれが少なく長時間キープできる点が人気のウォータープルーフタイプのマスカラですが、まつげに対する負担は大きくなりがちです。

目の周りをゆっくり休める事がまつげのケアに繋がります

まつげのケアで大事なポイントは、メイクはしっかりと落とすこと。そして、まつげに栄養を与えることの2点が大切とお伝えしました。さらにまつ毛のケアに大切な事は、目の周りをゆっくりと休める事。

まつげ本体だけでなく、まつげの毛根や目の周りの肌もゆっくりと休めましょう。目元をじんわりと温めるアイマスクや、お風呂に入った時に目元にタオルをあてて休めるのもオススメです。