時間のないときでもきっちりキレイ!時短メイクの裏ワザ

朝の忙しい時間帯、一分一秒でも時間が惜しいですよね。それでも綺麗に見えるメイクをしたいのが女心。今回は、時短メイクを綺麗に見せるコツや裏技をご紹介します。

ベースメイクは「まずつけてから調整」

手のひらに下地とリキッドファンデを1:1の割合で少し多めに出し、両手で温めながら混ぜます。フェイスクリームを塗るときのように顔の中心から外側に向かって塗り、一度ティッシュオフ。つけ過ぎてしまったファンデーションをティッシュに吸わせてしまいます。

最後にスポンジや指で軽く叩いてなじませましょう。これだけで、通常下地→ファンデの2ステップが1ステップに。フェイスパウダーも最初にパフで顔全体につけてから、フェイスブラシで余分な粉を落とします。

アイメイクのノリを良くするために、まぶたにも忘れずしっかりつけて!ファンデをつけてからフェイスパウダーをつけるまでに、着替えや髪のセットなどをして少し時間を空けると、ファンデが馴染んでフェイスパウダーのノリが良くなります。

着替えた後にフェイスパウダーをつける場合は、粉の飛び散りに注意しましょう。

失敗しがちな眉メイクはガイドラインを先に

眉メイクに時間がかかってしまう、という人も意外と多いもの。まずは眉マスカラを逆毛→毛の流れ通りに薄く二度づけして、眉のガイドラインをはっきりさせましょう。毛流れの足りない部分や眉尻などだけをパウダーやペンシルで書き足して、眉メイクは完成です。

もともと眉のはっきりしている方の場合は、ブラシで整えてパウダーやペンシルで足りない部分を書き足すだけでOK。

アイメイクは指を使って

アイメイクは指を使って時短を!

柔らか目のアイペンシルで上瞼にアイラインを引いて、指でぼかすようにまぶたに馴染ませます。アイラインをはっきりさせたい場合は、アイメイクの最後にもう一度ラインをなぞってもOK。

濃い色(締め色)のアイカラーを薬指などにとって上まぶたの黒目の上付近からアイホール全体にジグザグに伸ばし広げると自然なグラデーションに。目尻は折り返して、下瞼1/3あたりまで伸ばしましょう。

まぶたの中央、下まぶたの目頭1/4にハイライトカラーをのせて立体感ある目元を演出。これが終わったら眉マスカラを塗って乾かしながら、眉とアイメイクを交互に仕上げると更に時短できます。

眉マスカラを乾かしている間に、マスカラを塗って乾かしながら、眉毛を仕上げ、チークをのせたら完成です。チークは濃くなりすぎないように、少量ずつ足していきましょう。

リキッドアイラインやはっきりしたアイラインがお好みの場合は、眉毛を仕上げてからチークまでの間にアイラインを書き足しましょう。