即効で小顔になれる!顔のかたち別ポイントメイク術

芸能人みたいな小顔になりたい!と思っても、実際はなかなか難しいもの。そこで活用したいのが小顔見せメイク。自分の顔型をしっかりと把握してメイクをすれば、即効で小顔見せが叶います。ポイントメイクをマスターして、今日からアナタも小顔になっちゃいましょう!

顔型別!小顔見せメイクのコツ

面長さんの小顔テク

面長メイク

面長さんは、どうしても顔の縦のラインが強調されがち。目尻や眉尻にやや強めのポイントをおき、横のラインを作るのがコツ。

1.ベースメイクは、目元にピンクの下地クリーム、眉尻・こめかみにハイライトをオン。立体感を生み出すベースメイクで、横長の印象に。

2.眉毛は、眉頭から眉尻までストレートに描き、眉尻をやや長めに。

3.目元はパール感のあるブロンズ系のアイシャドウをチョイス。まつ毛は茶マスカラを全体に、黒マスカラを縦持ちで目尻につけ、横長のまなざしを強調。

4.口元が強調されるとアゴが目立ってしまうので、マットなベージュ系のリップで存在感を弱めて。

丸顔さんの小顔テク

丸顔メイク

丸顔さんは、眉や唇などパーツの丸みを打ち消すことで、引き締め効果が。シャープな印象を与えるようにメイクに抜け感をつくるのがコツ。

1.ベースメイクは、顔の中央(眉間から目の間にかけて)にブルーの下地クリームをのせて、透明感&抜け感をプラス。

2.眉毛は、毛流れをやや下向きにして、眉下のカーブ(丸み)を潰す。眉の曲線はなるべくまっすぐに。

3.目元は、ライトゴールドのアイシャドウをアイホール全体につけ、ナチュラルな印象の茶のマスカラを上まつげにオン。

4.口元は、ベージュピンクのリップで上唇のラインを少しオーバーになぞって、唇の丸みを抑えて。

ベース顔さんの小顔テク

ベース顔メイク

ベース顔さんは、顔の中央に色をのせることで、輪郭に目をいかせないようにするのがおすすめ。眉尻は短め、目尻もあっさり仕上げるのがコツ。

1.ベースメイクは、オレンジの下地クリームを輪郭にのせて、エラ部分は、上からコンシーラーでさりげなくカバーを。

2.眉毛は、眉尻が長いと視線が外にいくので、ベース顔が強調されてしまうことに。パウダーを使った短めの淡い太眉で、ふんわりとした印象に仕上げて。

3.目元は、アイホール全体と目頭にソフトな赤茶のアイシャドウをのせ、下まぶたの中央にボルドーをオン。濃紺のマスカラを中央に多めにのせ、高さを出して。

4.口元は、深みのあるワインレッドのリップとグロスを唇の中央に重点的にのせて、顔の中央に視線を集めて。

朝は時間がなく、メイクがついマンネリになってしまう…という人も多いですが、メイクにひと手間かけることで、ぐっと小顔に近づくことができます。メイクを楽しみながら、小顔見せを叶えましょう!