ほうれい線を予防!顔のコリをほぐす簡単エクササイズ

頬にくっきりと浮かぶほうれい線。年齢を重ねるごとに深くなるので、仕方がないと諦めてしまう人もいるのでは?ほうれい線があるとどうしても老けて見えがちですが、顔のコリを上手にほぐすことで、ほうれい線予防効果も期待できます。

コリをほぐす簡単エクササイズで、ほうれい線のないスッキリとした美肌を手に入れましょう!

肌の奥にある真皮や筋肉が衰えるとほうれい線が表れる

顔のたるみやほうれい線は、加齢によって肌の奥にある真皮や筋肉が衰えてしまうのが原因。普段からやわらかいものばかり食べて口まわりの筋肉を使うことが少ない、スマホの使いすぎで首が前に倒れ、リンパの流れが悪くなって顔の下部分に脂肪が蓄積するなども一因。

顔のコリをほぐす簡単エクササイズ

エクササイズは、筋肉の緊張がほぐれる入浴時がおすすめ。顎関節の下の筋肉は普段使う機会が少ないため、皮下脂肪が溜まりやすくなっています。ここを鍛えてコリをほぐし、ほうれい線を予防しましょう!

1.右手の親指を、口の左側の一番奥に入れ、小刻みに動かしてほぐす。口の右側は左手の親指で。
2.あご先に指をあて、口を大きく開く。
3.口を大きく開き、右手で右頬を軽く押す。反対側も同様に。
4.手で鎖骨の中心を押さえ、顔を天井に向ける。左右に顔を振る。
5.親指以外の4本の指を頬骨下に添え、頬の脂肪と筋肉を軽く持ち上げる。左右に揺らしてほぐす。
6.唇の下に親指と小指以外の3本の指を添え、あごの脂肪と筋肉を下唇まで軽く持ち上げる。左右に揺らしてほぐす。

口と鼻まわりの筋肉をほぐすリンパマッサージ

エクササイズと同時に、リンパマッサージで顔のコリを解消するのもおすすめ。マッサージで積極的に口と鼻まわりの筋肉をほぐし、老廃物を流すことが大切。こちらはスキンケアタイムに、クリームなどをたっぷりと塗布してから行って。

1.親指と小指以外の3本の指で、あごの骨をつかみ、耳下まで指をすべらせる。
2.耳の下から鎖骨に向かって手を動かす。老廃物を流すイメージで。
3.手をグーの形にして頬骨の上に当て、押し上げるように小刻みに動かす。
4.親指を口の中に入れ、ほうれい線にそって人差し指と中指を動かす。
5.中指と薬指で小鼻の脇から目頭の脇までしごき、コリをほぐす。
6.親指の付け根のふっくらした部分に頬をのせ、ゆっくりと15秒圧をかける。

自分でマッサージをするのが苦手…という人は、手軽にマッサージ効果が得られるホーム美顔器やローラーを取り入れるのもおすすめ。毎日のケアで顔のコリをほぐして、ほうれい線予防に努めていきましょう!