虫除けには、アロマで対策!

最近では市販の虫除けスプレーではなく、自然由来のアロマを使った虫除けスプレーを活用する人もいます。なぜアロマで虫がいなくなるのか、どうやってアロマを活用すればいいのか、虫除け対策に役立つ情報をご紹介します。

なぜアロマの虫除けが注目されているの?

アロマオイル(精油)を配合した虫除けの人気が高まってきました。なぜアロマの虫除けが注目されているのでしょう。

これはアロマの虫除けが人体や環境にやさしく、安心して使えることができることが理由に挙げられます。市販されている虫除けに使われることの多い「ディート」という成分は、虫よけ効果が高いのですが、人体への危険性を示唆する声もあり、ディートを含まないアロマの虫除けを使う人が増えてきたのです。

植物から抽出された精油には、植物が虫から自分の身を守るために分泌している成分が含まれています。そのため、精油を体につけたり部屋にスプレーしておくと虫が嫌がって寄ってこないのです。

虫除け効果が期待できる精油の種類

虫除け効果が期待できる精油には、どのような種類があるのでしょう。

蚊の嫌う「p-メンタン-3,8-ジオール」を含むレモンユーカリ、「シトラール」を含むレモングラス、シトロネラが、虫除けに高い効果のある精油としてよく知られています。またラベンダー、ローズマリー、ペパーミントも虫が嫌う香りです。

これらは虫に取って嫌なにおいでも私達ヒトにとっては爽やかな芳香なので、気持ち良く使うことができるのも魅力でしょう。蚊の虫除け対策をしたい時には、レモンユーカリ、レモングラス、シトロネラをメインに、お好みで数種類の精油をブレンドした虫除けスプレーを使うと、と高い効果が期待できます。

精油をブレンドして虫除けスプレーを手作りしましょう

精油を使った虫除けスプレーは手作りすることもできます。手作りなら、自分の好きな香りの精油を組み合わせることもできる楽しみもあります。

用意する物は、容量が50mlの遮光性スプレー式ボトル、精製水45ml、無水エタノール5ml、精油10滴です。無水エタノールは水と精油を混ぜ合わせるために用います。

ボトルに上記の材料を入れよく振って混ぜわせたら完成。精油は個性の強いレモンユーカリ、レモングラス、シトロネラだけよりも、ゼラニウムやラベンダーなどタイプの違う香りの精油2~3種類をブレンドするのがおすすめです。

虫除けスプレーの使い方と注意点について

精油で作った虫除けスプレーは、蚊や蛾などの害虫を寄せつけない効果が期待されます。外出前、お休み前など虫除けしたい時、肌にスプレーして使いましょう。部屋や網戸にスプレーするのもおすすめです。

体にやさしいスプレーなので、子どもから大人、赤ちゃんやペットにも安心して使うことができます。ただし、肌の弱い人や赤ちゃん、子どもに使う場合には刺激の強い場合があるので、様子を見ながら精油の量を減らして薄めにしたり、肌を避けてスプレーすると安心です。

手作りなら安全な材料を自分で選べますし、好きな香りもチョイスできます。楽しみながらスプレーを作ってみましょう。