安眠にはアロマが有効!お悩み別にアロマを紹介

夜なかなか寝つけない人にはアロマがおすすめ。その日の気分に合わせて眠りやすい状態にしてくれる香りのアロマを選んで、安眠対策をしてみませんか?

安眠アロマの正しい選び方

よく「眠れないときはラベンダー」なんて言いますが、実はこの考え方は、半分正解で半分不正解なのです。なぜなら、自分が本当に必要としているアロマを知っているのは自分の体だけ。ですから眠れない夜は、自分に正直になって気になる香りを枕元などにそえるのがベターです。

とはいっても、常備している香りが全部気に入らない…という夜もあるかもしれません。オススメの安眠常備アロマについては、この後で心の状態別にご紹介します。

不安なことがあって眠れない

不安なことがあったり、気分が落ち込んでしまう夜。そんな夜には、包み込むような優しさを持ったアロマが良いでしょう。例えば、マンダリン、オレンジスイート、ネロリなどです。

この他、ラベンダーやマジョラム、レモンバーム、バレリアンも不安を抱えた夜にオススメ。ただし、バレリアンは少々上級者向けの香りでもあります。

アロマ初心者さんはブレンドして使うと良いでしょう。オススメのブレンドアイテムは、マンダリンやラベンダー、ティートゥリー、ローズマリー、ユーカリなどです。

イライラして眠れない

嫌なことがあってイライラする、そんな夜もあります。イライラした夜にオススメなのは、オレンジスイート、ラベンダー、ペパーミント、ネロリ、ローズ、ローズウッド、サンダウウッド、マジョラムなどです。

イライラしているときは、体も緊張しがち。ホホバオイルなどで希釈して、香りを楽しみながら、ゆっくり手足をマッサージしてみましょう。もちろんアロマディフューザーを使ったり、ティッシュなどにたらして枕元においておくだけでもOKです。

緊張して眠れない

「明日大事なプレゼンテーションがある…」など、緊張して眠れない夜には、緊張をほぐしてくれるアロマがオススメ。

例えば、ラベンダー、ネロリ、カモミールローマン、サイプレス、バレリアンなどです。オススメの利用法は、キャリアオイルを使ったデコルテのマッサージ。自分の手の温かさを感じながら、ゆっくり行うと良いでしょう。

ここに紹介したアロマでも、実際に使ってみると「何か違う…」と感じることがあるかもしれません。そんな時は無理に利用せず、自分の心に従って、良い香りだと感じるものを使用しましょう。