DIY女子必見!アロマで気になる臭いをシュシュっと消臭!

アロマといえば香りを楽しむアイテム。でも実は、デオドランド効果がある精油を使うと「手作り消臭スプレー」も作れるんです。部屋の臭いをおさえるアロマの使い方をお教えします!

アロマで消臭できるのはなぜか

アロマオイルを使った消臭スプレーというと、「アロマで臭いをごまかすのでは?」と思われるかもしれません。しかし、それは違います。消臭したくなる臭いの原因の多くは、雑菌にあります。

アロマオイルの中には、雑菌の繁殖をおさえたり、殺菌作用のあるものがあり、これらのアロマオイルを使うことで消臭効果が期待できるのです。また、アロマオイルを使うと自分好みの香りにしやすい、防腐剤などを使わないから安全性が高いというメリットもあります。

消臭効果のあるアロマオイルと注意点

デオドラント効果があるとされるアロマオイルはたくさんあるため、自分の好みと相談しながらアロマオイルを選ぶと良いでしょう。

甘い香りがお好みなら、ゼラニウム、ラベンダー、ベンゾインなどがオススメです。スッとした香りがお好みなら、サイプレス、パイン、ユーカリ、パイン、ティートゥリーが爽やかで良いでしょう。

柑橘系がお好みならレモングラス、シトロネラ、ベルガモットなどが利用できます。ただし、柑橘系オイルを使ったものを肌に使う場合は、FCFのアロマオイルを利用するようにしましょう。柑橘系のアロマオイルには光毒性があるためです。

アロマ消臭スプレーは、どこに使える?

アロマで作る消臭スプレーは様々なシーンで利用できます。例えば、汗の匂い対策のするデオドラントスプレー、排水周りやゴミ箱に使う消臭スプレー、部屋をスッキリリフレッシュさせるルームスプレーなどです。

基本的に無水エタノール、精製水、アロマオイルのみで作れますが、クエン酸を加えれば、ペットのトイレ消臭にも利用できます。またオレンジスイートを加えると、キッチンのベタベタも掃除できて一石二鳥です。このように、ちょっとしたアレンジで活用の幅が広がるのもアロマ消臭スプレーの良いところです。

アロマ消臭スプレーの簡単な作り方!

まず、スプレーボトルに無水エタノール(5ml)を入れます。続いて、アロマオイル(10滴程度)をスプレーボトルに入れ、よく振って混ぜてください。無水エタノールとアロマオイルが混ざったら精製水(45ml)を加え、しっかり振って混ぜ合わせたら完成です。

なお、オイルは1種類でも構いませんが、ブレンドしたほうが効果は高まります。

アロマ消臭スプレーは嫌な臭いを軽減するだけでなく、自分好みの香りを楽しむこともできます。アロマを上手に使って快適な毎日を送ってください。