やっぱりシアバターはすごかった!美髪になるシアバターの使い方

シアバターは、肌につけることによりボディクリームのような使い方ができる美容アイテムとして人気です。素晴らしく高い保湿能力を持っているため、冬場など乾燥に悩まされる時期には手放せないという人も多いのではないでしょうか。

かつては食用としての使用が中心であったシアバターは、現在さまざまなメーカーが美容商品として利用するようになったおかげで、とても手に入りやすくなりました。

せっかく気軽に買えるようになったのですから、ボディクリーム以外の使い方も知っておきたいですよね。そこでここでは、シアバターと髪の毛の関係をみていきます。

シアバターは髪の毛の保湿にも当然有効

肌の紫外線対策はしているけれど、髪の毛はノーガードという人は多く、この「紫外線」によって髪の毛が傷んだ状態にあるというのはそう珍しい話ではありません。そのため、紫外線を防ぐことが髪の毛の保護を考える上でとても重要です。

そこで出てくるのが、「保湿」という考え方です。保湿された髪の毛というのは、紫外線にさらされてもダメージとして響きにくくなります。そして、この保湿に有効なのが「脂」なのです。

シアバターは、非常にたくさんの脂を含みます。人間の皮脂と似た成分である「オレイン酸」も多く含んでおり、これによって無理なく髪の毛を保護していくことができます。

もちろんシアバター以外にも、髪の毛を保湿することのできる成分というのはたくさんあります。しかし「自分の持っている皮脂と似た成分」を多分に含むシアバターは、髪の毛に負担をかけない美容アイテムの筆頭であると言えます。

シアバターを髪の毛に使う方法は?

髪の毛にシアバターを使う場合、方法は2つに分けられます。お風呂などでコンディショナーのように使い、最終的には洗い流すタイプがまず1つ。もう1つは、お風呂から上がった後に髪の毛につけるタイプです。

両方を併用できれば一番いいのですが、そうでない場合は片方だけを利用しても良いでしょう。シアバターは非常に高い保湿能力と有用性を誇るため、どちらか片方だけでも効果は得られます。

シアバターは、常温では固体のままです。これを削り取って髪の毛において塗っていくという方法は時間もかかりますし、あまりオススメできません。手のひらで温めて液体にしてから塗り広げましょう。

さまざまな効果を持つシアバター。残ったものは手に塗り込んでも良いですね!