カサカサつらい乾燥肌!保湿対策に使えるアロマはどれ?

肌がかさついて粉がふいたようになる乾燥肌は、女性の肌の悩みのなかでもポピュラーなものです。今回は、この「乾燥肌」と、それに有効なアロマを紹介していきましょう。

乾燥肌ってどんなもの?基本をおさらいしよう

乾燥肌というのは読んで字のごとく、水分が足りずに乾燥した肌を指します。水分が不足した肌は非常にダメージを受けやすく、紫外線などを受けるとシミになる可能性が高い肌であるとも言えます。また化粧を乗せても上手く乗らず、パラパラと落ちてきてしまう可能性もあります。

「若い頃は乾燥肌じゃなかったのに、年を重ねるうちに乾燥肌になってしまった」という人もいるのではないでしょうか。これは年を重ねることによって新陳代謝が衰え、皮脂の分泌量などが減ったことにも関係しています。

そのため、エイジングケア用として打ち出された化粧品(基礎化粧品)の多くが、「保湿」を非常に重要視しています。

ニキビは脂性肌に起こりやすいものですが、乾燥肌の場合も起こる可能性が高いと言われています。上でも述べたように「外界からの刺激」が、そのまま「ダメージ」につながりやすいからです。

また乾燥肌と敏感肌は非常に近い関係であり、乾燥肌の人は敏感肌の、敏感肌の人は乾燥肌の症状が併発して起きていることもあります。

乾燥肌の人にオススメのアロマは?

乾燥肌の人にオススメのアロマは、何といっても「クラリセージ」です。ちょっぴり刺激的な香りではありますが、ベースは優しい香りであり、ストレスをほぐす上でも役立ちます。このクラリセージは、乾燥肌によく効きます。また、真菌対策としても有用です。

乾燥肌からくるニキビに悩まされている人は、白檀が良いでしょう。中国のお土産などでもよくあるこれは、ニキビへの効果が見込めます。ちなみに、「サンダルウッド」という名前で呼ばれることもあります。

その他には、色々な作用をもつゼラニウムなどもオススメです。

ただ、アロマではなかなか保湿が上手くいかないという人は、オイル系のものやバター系のものを使うのも良いでしょう。ココナッツオイルやシアバターなどは、保湿に対し非常に効果的に働くものです。

冬はただでさえ乾燥する季節です。乾燥肌の人には、1年でもっとも厳しい季節かもしれません。でも自分の好きな香りを選んで作るアロマ化粧水は、気持ちまでもポジティブにしてくれますよ。