寝起きのつらい朝でも「スッキリ」起きる!朝アロマのすすめ

目が覚めた後、頭がぼんやりする、身体が重いなど、朝が弱い人は特に起き上がるのがツライですよね。そこで、簡単な作業で頭がスッキリするために、アロマオイルを活用してみましょう。

香りはダイレクトに脳を刺激するので、無意識的にスイッチが入る優れもの!アロマを吸入する方法で、身体を活動状態にしてみてはいかがでしょうか。

朝使うべきアロマは…?

覚醒を促すアロマなら、柑橘系がオススメ。そのなかでもレモンは血液の流れをサポートし、気持ちをリフレッシュする効果があります。体温を上げることで活動させやすい身体に変化させ、身体を覚醒させてくれるのです。

ハーブ系では、ペパーミントやローズマリーを。ペパーミントは呼吸器系や消化系の不快感を和らげてくれます。朝はいつも胃がもたれ気味という人や2日酔いの朝は、これでスッキリできそうですね。

ローズマリーは脳細胞を活性化させることで、目覚めを促進させます。頭をスッキリさせることで、よりいっそう活動状態近づけることができそうです。

アロマの種類は何でも良いわけではありません。間違ったアロマを使うとさらに眠気が強くなったりするので、選択には気をつけたいですね。

1日をどう始めるかによって感じ方が変わる

1日をつらい状態で始めるのと、エネルギー満ち溢れる状態でスタートさせるのはどっちが好みですか?

スタートからつまずいてしまうと、そのまま重い気持ちを引きずってしまうことが多々あります。仕事にも影響してしまいがちですよね。

ライフサイクルは1日ごとにリセットされますが、いい1日を過ごすためにもアロマを効果的に使って朝から活動的な毎日を過ごしたいですね。