ホルモンバランスを整えて!生理痛に効果的なアロマとハーブ

「生理痛」というのは、男性にはない女性だけのもの。毎月この時期がくると気分が落ち込む、という人も多いのではないでしょうか。

その気分の落ち込みは、「処理が面倒」「プールやお風呂に入れない」「気分にムラが出てしまう」ということからも起こりますが、同時に「生理痛がひどくてつらいので、生理が嫌だ」という人もいるのではないでしょうか。

このような生理痛の悩みというのは、深く広く知られているもの。そのため、さまざまな解決策があります。今回はそのなかから、アロマを取り上げていくことにしましょう。

生理痛に効果的なアロマの種類

ホルモンバランスの調整に効果的で、どことなく官能的な香りのするイラン・イラン。イラン・イランと似た効果が欲しいけど、あの香りはちょっと苦手…という人にオススメなのが、薔薇の香り。

また、お茶で使用されることも多く、非常にポピュラーなものであるカモミールは、痛みを抑える効果があると言われています。

その他、私たちが「ハーブ」「香草」として食事に取り入れているもののなかにも、生理痛に効果的な香りを持つものがあります。

例えば疲労回復の役目も果たすジンジャー(生姜)は、生理痛を和らげる効果があります。

ちょっと珍しいところでは、鮮やかな色で目をひきつける「ハイビスカス」も疲労回復の効果があり生理痛の時に使用すると良いでしょう。ハイビスカスは、「生理中は貧血症状に悩まされる」という人にオススメです。

それから、マリーゴールドも生理痛だけでなく生理調整や生理前症候群、更年期障害に効果があると言われています。

アロマとしての利用、お茶としての利用

アロマの効果というのはあくまで生理痛を緩和させるものなので、あまりにもひどい場合は産婦人科などへの受診が必要となります。しかし、それほどではないという人は、アロマを試してみるのがオススメです。

上記のアロマは、お風呂に入れて使うと良いでしょう。生理中はお風呂に入ると痛みが緩和される、という人も多いはず。アロマの効果と、この「お風呂の持つ効果」を、両方取り入れるのですね。これによってだいぶ楽になった、という意見も目立ちます。

また「おなかを温める」という意味では、ハーブティーにして飲むのもオススメ。もちろんアロマオイルをお茶に落とすのは危険なので、ちゃんとハーブティー用のアイテムを買い求める必要があります。ハーブティー×アロマバス、両方を取り入れることも効果的です。