春夏秋冬、季節ごとに最適なアロマは?

春夏秋冬、季節は移り変わります。風景だけでなく、香りも移り変わります。もちろん、温度や湿度や色も…。アロマを使った香水で、季節ごとの衣替えならぬ香替えを行い、ちょっと贅沢な楽しみ方を取り入れてみませんか?

アロマ香水で、手軽に香りを楽しむ!

香水のベースとして、無水エタノールまたはウォッカを使います。アルコールはすぐに蒸発するため香りがすぐに感じられ、さらには爽快感も得られます。夏など暑い季節には、もってこいのベースです。

ただしアルコールアレルギー体質の方はNG。アルコールがダメな方は、キャリアオイルをベースにしてみると良いでしょう。アルコールと違い、香りを留めておきたい場合に有効です。油がベタベタするのが苦手という方は使いにくいかもしれませんが、自分に合った使い方を試してみてくださいね。

希釈する濃度って?

いざ香水を作ろうという時に意識しなければならないのは、賦香率。これは、選んだベースに対しての香りの濃度を表します。

濃度の高い順からパルファム(15~25%)、オードパルファム(5~15%)、オードトワレ(5~10%)、オーデコロン(3~5%)です。濃度が高ければいいというわけでなく、用途やシーン、気分によって使い分けるのが賢い使い方です。

またノートを意識することで、香りの変化を楽しむこともできますね。ノートとは香りの持続性のことで、トップノート、ミドルノート、ベースノートの順で香りの持続性が変わってきます。

季節ごとにはどんな香りがオススメ?

春は、生命の活動が活発になる季節。気分的にも前向きになるような香りを楽しみたいですよね。フローラル系やフルーツの香りがオススメです。心を前向きにさせてくれるようなシトラス系の香りは周りに対しても喜ばれるかもしれません。

夏は爽やかなイメージを出したいため、レモンやハーブ系の香りを使ってみてもいいですね。アルコールをベースにすることでひんやりし、夏の暑さも吹っ飛ぶ可能性があるのがいいです。

秋は自然が色づき始め、木々の香りがしてくる季節。冬に入る前なので、ちょっとずつ寂しくなってくるかもしれません。ウッディ系の香りで木々の香りを楽しむのもいいですし、寂しさを和らげ心身を温めてくれるマジョラムなどのハーブもいいですね。

冬は、乾燥したり風邪が流行ったりと予防に役立てたいもの。オレガノ、シナモン、グローブ、ローズマリーなどがおすすめです。寂しさを和らげるためならイランイランやゼラニウム、バジルが良いでしょう。

身体につけるだけでなく、空気を浄化させてくれるスプレーなんかも作って活用してみるのもいいですね。

季節を楽しむように、香りも楽しもう。

アロマの知識が増えていくと、使い方も広がり楽しみも増えていきます。気温の変化だけでなく、色や香りで季節の変化が感じられるようになれば、幸福感が増します。季節ごとに合ったアロマをチョイスして、春夏秋冬どの時期にも対応できる自分なりの香りを生み出しませんか?