集中力を高めるアロマと、香り以外のもう1つのメリット

集中力を高める上でも、アロマは非常に有用なアイテムです。仕事や勉強の時に利用できるアロマは何があるのでしょうか。

集中力を高めるアロマはこれ!

集中力を高めるアロマのオススメは、清涼感があって、頭を冷静にさせてくれる香りとして知られているペパーミントです。鼻筋をすっと通っていくような清涼感のある香りは、誰もが一度は嗅いだ覚えがあるはずです。特に夏場などは、涼しさも感じられていいですね!

料理などのハーブとしても有名なローズマリーも、集中力アップにオススメです。清潔でやや刺激のある香りで、非常に輪郭がはっきりしている香りです。ペパーミントの清涼感が苦手な人にも良いですね!

「女性的な香りは苦手」という人は、ユーカリなどを使ったものはいかがでしょうか。少し攻撃的な香りがしますが、緑の匂いがよく表れているものであり、男性にも人気の香りです。

集中力を高めるアロマは、全体的に鋭くてクールな印象のものが多く、頭をすっきりさせてくれる効果があります。男性でも違和感なく使えるものが多いのも、魅力の1つです。

アロマがもたらすもう1つの効果について

アロマが集中力をアップさせるのに有効なのは、「香りだけの効果」ではありません。

アロマにしろ音楽にしろ、また他のどんな生活習慣にしろ、「これを嗅いだら(あるいはこの行動をしたら)勉強をする」という「習慣づけ」をすることによって、集中力を意識的に増すことができるのです。

例えば「この音楽を流し始めたら仕事をしよう」と決めている音楽があれば、1日の仕事は、その音楽と同時に始まります。この「始まり」「きっかけ作り」「スイッチ」を、アロマにももたせることができるのです。

「そのアロマを数滴ティッシュに落として、パソコンの横に置いたら仕事(勉強)を始めよう」と決めることで、効率良く、そしてアロマの香りで効果的に仕事(勉強)に向かうことができるのです。

アロマは「香り」としての効果と同時に、「机に向かうスイッチになる」という効果があります。これによって、2つの角度から集中力アップをサポートできるのです。

明日からすぐにできる上、2つの角度から働きかけることができて、しかも男女の性差なく使える集中力アップのアロマ。早速取り入れてみてはいかがでしょうか。