脂性肌・ニキビに悩む人が選ぶべきアロマはどんなもの?

女性たちの多くは、肌の悩みを抱えていると言われています。その「悩み」は本当に千差万別で、乾燥に悩む人もいれば、敏感肌に悩む人もいれば、脂性肌に悩む人もいます。

特段、肌のトラブルがない人であっても、「肌のハリツヤが失われてきた」と気に病んでいる人もいるのではないでしょうか。今回はこのなかから「脂性肌」を取り上げ、それにぴったり合うアロマを提案していきます。

脂性肌とはどういうものか

脂性肌というのは、基本的には「肌が脂ぎっている」「皮脂の分泌量が人より多い」という状態のことを指します。化粧などを乗せても崩れやすく、またニキビなどができやすい肌でもあります。

思春期などの成長期には、この脂性肌に悩まされる人も多いのですが、年齢とともにある程度落ち着いてはくるでしょう。しかし裏を返せば、大人になっても脂性肌であるという人は、悩みが深いということです。

この脂性肌の場合、いたずらに皮脂を除去してしまうことは、実は望ましくありません。必要な皮脂まで奪うことになってしまい、結果として「肌は油が足りないんだ。もっと油を出して顔を守らないと!」と、皮脂の分泌量が増えてしまうことに繋がるからです。

そのため脂性肌の悩みを解決しようとする場合、皮脂の量を調整することももちろん大切ですが、ニキビなどの原因となる菌類などの退治を考えるほうが現実的であると言えます。

脂性肌にオススメのアロマを知ろう

脂性肌にオススメのアロマとしては、ラベンダーなどが挙げられます。ラベンダーは殺菌効果のあるアロマであり、ニキビなどの対処策として使えます。炎症を抑える効果もあると言われているので、肌トラブルには最適なアロマのうちの1つです。

また「どのような香りか」というのがイメージしやすいアロマであるので、好きにせよ嫌いにせよ、選びやすいという特徴があります。

抗菌作用があるということで、もう1つオススメしたいのが「フランキンセンス」。これは「乳香」という名前のほうがなじみ深いかもしれません。古代エジプトですでに使われていたこれは、肌を保護するアイテムとして馴染み深いものでした。

その他コリアンダーやパチュリといったものも、脂性肌の人にオススメできるアロマです。

夏場などは特に気になる脂性肌。どのようなものか今から試して、夏場に備えるのも良いですね。