3種類の組み合わせ!アロマジェルの香りレシピ

自分好みの調合ができるアロマジェルは、抗菌作用の持つアロマオイルと好きな香りの組み合わせができるのが魅力。ウイルスが流行する冬場や夏場にお出かけのお供として活用してみませんか?今回は、おすすめのアロマジェルの香りレシピを紹介します。

濃度によって用途が変わってくるアロマジェル

アロマジェル50ml作るのためには、アロマオイル30滴くらい必要です。この配合で作った場合、濃度は約3%になり、より抗菌作用の強いものになります。

しかし、肌が弱い方や高齢の方、妊婦さんや手荒れが気になる方など、アロマオイルの体内の浸透を気にする方は、10滴程度の1%くらいの濃度にするのがおすすめです。

抗菌作用のあるアロマオイル

・ラベンダー
・ティーツリー
・ペパーミント
・ローズウッド
・ラヴィンサラ
・レモン

これらを組み合わせることによって、自分好みの香りが作れます。30滴で作るのであれば、10滴ずつ3種類選ぶのがいいですね。

例えば、ラベンダー+ペパーミント+ティーツリーでミントの香るアロマジェルが出来上り。

30滴全部1種類のものにする必要はありませんので、自分の中で香りレシピを研究してみるのも楽しいですよ。

色んな香りを演出できる香りレシピ

抗菌作用の強いものを2つ入れて、他好みの香りにするなど、基本的な知識が身につけられれば、あとは応用です。

アロマジェルの作り方もそれほど難しいわけでもなく、失敗することも少ないので、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

インフルエンザやノロウィルスが流行する時期だと、外に居るときだけでなく、家に居るときも重宝すると思います。多めに作ってさまざまなシーンに活用してみてはいかがですか。