オフィスでもできちゃう♪簡単冷房病対策

外は猛暑でもオフィスはその暑さを忘れてしまうほどヒンヤリ…。一見快適なようですが、この温度差が知らないうちに冷房病と呼ばれる体調不良を生み出すことに!そこでオフィスでできる簡単な冷房病対策をご紹介します。

オフィスと外の温度差、なぜいけないの?

暑い外から冷えた室内に入ると生き返った気持ちになりますね。

実はその温度差が体にとっては過酷な環境なのです。体には、汗を出して体温を下げようとする「交感神経」と、寒さに体温を上げようとする「副交感神経」の2つの「自律神経」が互いにバランスを取り合うことで正常な機能を保っています。

しかし、夏の激しい温度差には、自律神経が混乱をきたしてしまい正常な機能が保てなくなってしまうのです。それが、だるさや、肩こり、頭痛、下痢をしやすいなど、さまざまな不調、いわゆる冷房病のきっかけに。

オフィスでは外気温との差を5℃以内に保つように調整することを呼びかけ、全員が健康に対する意識を持つようにしたいものです。

肌が冷気を感じない工夫を

オフィスで過ごす際に大切なことは「肌寒い」と感じる環境を避けることです。人によっては冬の冷えより深刻な状態になってしまう場合があります。

どうしても冷房の温度設定や風向きを変えられない場合には、長袖のはおりものやストールなどを活用し、冷気が直接肌に当らない環境を作るようにしましょう。最近ではUSB接続で適温に保温されるひざ掛けなども市販されていますので個人での対策も上手におこないたいですね。

また、保温性がありながら速乾性に優れた冬用の機能性インナーを着用するのもおすすめです。

ランチやドリンクは体を温めるものを

体を中から温めることも大切です。ランチは栄養バランスに注意し、体を温める効果があるものを積極的にとり入れるようにしましょう。最近はおしゃれなスープジャーが多く市販されていますね。

根菜や生姜、ネギなど体を温めてくれる食材でお手製スープランチにしてみてはいかがですか。また、オフィスで定番のコーヒーは、体を冷やす飲み物です。ほうじ茶や紅茶など、醗酵させたお茶は体を温める効果があるとされてますのでぜひとり入れてみましょう。

休憩には体を動して血行促進を

同じ姿勢を取り続けることが多いオフィスワークでは、ただでさえ足元の血行が悪くなりがちです。冷房で冷えた空気は下へ溜まりやすいため、夏にはさらに冷えによる血行不良に注意が必要と言えます。血行不良はむくみの原因になります。1時間に1度程度は足元の筋肉を動かす習慣をつけましょう。

机の下でかかとを上下させたり、階段を使うだけでも効果があります。少しだけ意識して体を動かす時間をもつことも、オフィスでできる冷房病対策のひとつです。

冷房病は男性にも起こるものです。ぜひ認識をもってもらい健康的で快適なオフィス環境が保てるよう工夫したいですね。