夏場は要注意!冷房病の症状と原因とは

夏が近づくにつれていたるところで冷房が利用されます。快適なのはいいですが、「冷房病」により体調を崩してしまう方も増えるようです。ですが、この冷房病とは具体的にどのような症状なのでしょうか?今回は冷房病の症状をはじめ、治療法までご紹介します。

冷房病の症状

冷房病の症状は体の冷えや倦怠感です。その他、肩こり、頭痛、吐き気、食欲不振などが起きるのも知られています。これらの症状は特に女性に生じやすいとされています。というのも、女性は皮下脂肪が多いためです。

皮下脂肪は温度が変化しにくいので、一度冷えると温まりにくい性質を持っています。血液が遠い両腕、両足に冷えを感じ始めたら冷房病になる寸前なので早めに対処をしなくてはなりません。そのためにも、冷房病の原因を知ることから始めましょう。

冷房病の原因

エアコンの効いた部屋に長時間いると季節は夏なのに冬であるかのように体は反応します。具体的には血管が収縮し、熱を逃しにくい体に変化します。ですが、冷房の効いた室内から外にでると体温は一気に上昇。

当然体温調節をつかさどる自律神経が乱れてしまいます。要するに冷房病とは、冷房が効いたエリアから出たり入ったりをくりかえすことで起きる自律神経の乱れが原因です。その他、冷たい飲み物を一気に飲むのも急激な温度変化を招く原因なので合わせて注意が必要です。

冷房病の予防法

急激な温度差を体に感じさせないことが肝心です。そのためにはクーラーの設定温度の調整はかかせません。約25~28℃が目安です。可能であれば扇風機を併用しましょう。体感温度を2℃ほど下げることができます。

それでも、オフィスなどの共同の空間では個人の都合で室内温度を調整できない場合もあります。あらかじめ露出の無い服装を心がけることも大切です。ですが、暑すぎても熱中症の原因となります。カーデガン、靴下、ひざ掛けなどの装着するタイプの衣類で温度調整を行うのが賢い方法です。

それでも冷房病になったら?

自律神経が正常に働いているときには汗がでます。正常に戻すためにはあえて汗をかくことが良策です。できるだけ長めに入浴したり、サウナを利用してみましょう。

また、食事では意識的につらいものを食べるなどしたり、定期的にランニングをするのも有効です。汗をかくことで、体が自然に体温調節を行えるようになり、冷房病による倦怠感などが薄れていくはずです。

なんとも言えない冷房による倦怠感を回避するためには自律神経を整えるという視点が大切なのですね。夏を快適に過ごすために覚えておくといいでしょう。