凝りもストレスも解消!タイ古式マッサージの驚くべき効果

約2500年もの長い歴史を持つタイ古式マッサージ。一体どのような効果やポーズがあるのか、日々のボディケアに役立つ情報をまとめました。

「2人でするヨガ」タイ古式マッサージとは?

ストレッチ効果で、関節や筋肉をほぐす効果のあるヨガ。健康と美容に良いとされていますが、「正しくヨガのポーズを決められているのか、自信がない」「面倒くさくて続かない……」という人も多いのではないでしょうか。しかしタイ古式マッサージならば不安も解消できます。

タイ古式マッサージは、マッサージをしてくれる施術者の誘導のもと、一緒にヨガのポーズをとっていきます。そうしてヨガのポーズの持つ効果を正しく、最大限に引き出すことが出来る、という考え方です。

タイ古式マッサージの成り立ちと歴史

タイ古式マッサージのルーツは、意外にも約2500年前のインドにあります。シバカ・クマールバッカ(シバゴ)というお医者さんが、ブッダの教団の主治医として、マッサージや薬草、天然のオイルなどを使い信者を治療したのが、タイ古式マッサージの始まりだとか。

ヨガ発祥の国インドで発達したマッサージ技術なので、ヨガの要素が多く取り入れられているのです。シバゴの医術は仏教と共にアジア各国に広まり、タイではタイ古式マッサージとして確立されました。

ちなみに本来のタイ古式マッサージは、マッサージ技術だけでなく、除霊のようなちょっとスピリチュアルな要素や、薬学と組み合わせた総合的な医療になっています。

タイ古式マッサージは、こんな風に身体に働きかける

タイ古式マッサージでは、「セン」と呼ばれる身体のエネルギーラインを刺激します。全部で10本の重要なセンがあり、そのうち6本が股関節から足の裏にかけて集中しています。そのため、タイ古式マッサージでは脚を中心としたストレッチやマッサージがメインです。

例えば「肩が凝っている」「腰痛がある」というときでも、痛みのある箇所だけ集中的に施術することはありません。身体全体の循環機能を整えて、局所的な痛みに働きかけるバランス重視のマッサージなのです。

タイ古式マッサージの定番ポーズにはどんなものがあるの?

タイ古式マッサージは、バンコクスタイルと呼ばれる南部式スタイルと、チェンマイスタイルと呼ばれる北部式スタイルがあります。

北部式はタイ古式マッサージの原型をよく残していて、施術者が脚を使って、ヨガのポーズをとるのを補助するスタイル。南部式は指圧をメインとした施術で、より万人向けのスタイルとなっています。

定番ポーズの例を挙げると、うつぶせに寝転んで両腕を後ろにぐいっとひっぱられて上半身が起き上がる「コブラのポーズ」などがあります。

全身の調子を整えてくれ、リラックス効果も抜群のタイ古式マッサージ。身体がだるい、凝りや痛みがある、という人は、是非一度トライしてみてはいかがでしょうか?