簡単マッサージで老廃物にサヨウナラ!

私たちが生活していく上で、どうしても身体に溜まっていってしまう「老廃物」。むくみや冷え、肩こり、肥満などの原因のひとつです。自宅でできる簡単なマッサージを覚えて、老廃物にサヨウナラしちゃいましょう!

鎖骨リンパのマッサージ

老廃物を回収、排泄する役割を持つリンパの流れのほとんどは、左鎖骨にある「鎖骨下静脈」と合流して心臓に戻ります。つまり、ここには身体中の老廃物が集められる仕組みになっているのです。

ここをマッサージしておかないと、いくら気になる部分をマッサージしてもリンパが出口で詰まって流れない、なんてことになってしまいます。

マッサージの方法は簡単。左側の鎖骨の一番外側(肩とのジョイント部分)下を右手の指2本でやさしく、3秒ほどかけてゆっくりと押します。離す時も同じように3秒ほどかけてじんわりと離します。これを数回繰り返すだけ。

鼠径部リンパのマッサージ

上半身と下半身のリンパをつなぐ鼠径部(そけいぶ)リンパが滞ると、下半身すべてのリンパの流れが停滞してしまいます。ふくらはぎや太もも、足裏のマッサージをするなら、まずは出入口となる鼠径部をマッサージすることが重要。

マッサージする時には人差し指から小指までの4本の指を揃え、脚の付け根を内側から外側に向かって5秒かけてやさしく押し流します。左右それぞれ5回ほど行うと良いでしょう。指先ではなく、指の腹が当たるようにするのがポイントです。

フェイスラインのマッサージ

二重あごやたるみを解消し、フェイスラインを引き締めるためのマッサージです。顎の下は顔中の老廃物が溜まりやすい部分。しっかり押し流して、すっきりした小顔を手に入れましょう。

親指の付け根、手のひらのこんもりした部分で顎の先から耳の下へと4秒かけて押し流します。左右同じ回数、5回ずつ程度行いましょう。

マッサージをする時の注意点

リンパは繊細な器官です。力を入れすぎてしまうと組織を破壊して、体調を崩してしまったり、セルライトの原因を作ってしまったりということも!

ツボ押しのようにぐいぐい押すのではなく、やさしく押し流すようにしましょう。肌に負担をかけないように、オイルやクリームを使用することも大切です。

また、長い時間やれば良いというものでもありません。やり過ぎは逆効果になってしまうこともあるので、適度に行うこと!リンパの流れを知っているプロの手を借りるのも有効な手段です。

体調を崩している時、特に風邪をひいている時や熱がある時は、リンパではウイルスを排除しようと必死に闘っています。こういう時は闘いの邪魔にならないよう、マッサージは控えてください。