老廃物は足裏に溜まる?! その理由と排出の仕方

足つぼマッサージやリフレクソロジーといった「足裏に特化したマッサージ」に長い伝統があるのには、実は理由があるのです。それは、人間が生きていく上でどうしても発生してしまう老廃物が足裏に溜まりやすいから。

では、なぜ足裏に溜まってしまうの?溜まってしまった老廃物を排出するにはどうしたら良いの?そういった疑問にお答えします。

なぜ足裏に溜まりやすいの?

地球には重力があり、液体の中に溶けきらない重いものは下のほうに沈殿します。老廃物はリンパ液や血液よりも重いので、身体の下のほう、つまり足裏に溜まりやすいのです。

また、足裏は心臓から最も遠い場所にあります。心臓は血液を送り出すポンプのようなもの。心臓から遠い足裏では送り出す力が上手く伝わってこないので、血流も滞りがちになってしまいます。

血液やリンパの流れが滞ると老廃物を回収したり排出したりすることができず、その場に蓄積されていってしまいます。

たくさん歩く人なら、歩くことで足の裏が刺激されて血液やリンパを押し出す動きを助けてくれるのですが、あまり歩かなくなった現代人は特に足裏に老廃物が溜まりやすいと言われています。

溜まってしまった老廃物は老廃物同士でくっついてしまい、カタマリのようになってしまいます。そうするとますます流れにくくなり、さらに大きなカタマリへと成長していってしまいます。

足裏に溜まった老廃物を取り除くには?

まずはしっかり正しい姿勢でたくさん歩いて、足裏を刺激することが大切です。歩く時、足裏全体に均等に力をかけることができる靴選びも重要になってきます。

足湯も有効な解決策です。熱めのお湯に足を浸けることで血行を促進し、老廃物の排出を促します。足湯に入る前に白湯(白湯が飲みづらいと感じる方は常温のお水でもOK、冷たいお水は避けましょう)を一杯飲み、最低20分浸かります。

お湯の温度は42度以上、少し熱いと感じるくらいがベスト。冷めてきてしまったら熱湯を足して、熱い状態を保つようにしましょう。足だけでなく身体全体がぽかぽかしてきて、汗ばんできたら足湯が効いているサインです。

足湯で温まって血流が良くなったら、丁寧に足裏をほぐして老廃物のカタマリを取り除きましょう。足つぼマッサージやリフレクソロジーでプロにほぐしてもらうのもおすすめ!

足裏は「第二の心臓」とも呼ばれるほど、ツボやリンパの反射区が多い場所。しっかりとした専門知識のあるプロにほぐしてもらうことで、一層効果的に老廃物を排出できる身体になります。