自宅で試したい!O脚矯正エクササイズ

O脚は見た目だけでなく、脚が疲れやすくなる問題もあります。O脚は足の筋肉を鍛えたり、体を柔らかくすることで改善できるのです。そこで、今回は自宅で簡単にできるO脚改善エクササイズをご紹介します。

脚の内側を鍛えるエクササイズ

ひざを内向きにする力をつけるために、内転筋を鍛えるエクササイズです。

1.なるべく両足のひざがくっつくように、つま先を外側にして立ちます

2.そのまま前屈、後屈を行います。

各30秒ずつ、ひざが離れないように意識しながら行ってください。

3.さらに右へ30秒、左へ30秒側屈を行います。

ひざがくっつかない人は、なるべく近づけるような状態で行ってください。 脚の筋肉のゆるみからO脚になっている人は、エクササイズで筋肉をつけると改善が期待できます。

骨盤のゆがみ解消と内転筋強化が同時にできるエクササイズ

O脚には骨盤のゆがみも大きく影響しています。このエクササイズは骨盤のゆがみとひざを内側に向ける内転筋の強化が同時にできる運動です。

1.背筋を伸ばして立ち、つま先を外側に向けて足を肩幅の倍くらい開きます。手は頭の後ろで組みましょう。

2.つま先とひざが同じ方向に開くように両ひざをゆっくりと曲げて腰をまっすぐ下に落としていきます。

この時、体の軸がぶれないように注意しましょう。

3.つま先とひざの方向がずれないように足を伸ばして元の位置に戻ります。

ひざの曲げ伸ばしを10回で1セットとし、1日に2セット行いましょう。

O脚改善に効果的な「立ち木のポーズ」

O脚の人には外反母趾や偏平足の人が多いと言われています。つまり、立ったり歩いたりする際に、重心が足の外側にかかってしまっているのです。ヨガのポーズで重心をまっすぐにする練習をしましょう。

1.土踏まずに重心を置いてまっすぐに立ちます。

2.左足で立ち、右足はひざを外側に曲げ足の裏を左足のひざの側面にぴったりとくっつけます。

右ひざはなるべく90度になるように開きましょう。

3.胸の前で合掌し、そのまま手をまっすぐ上に伸ばします。

4.ゆっくりと呼吸しながら、そのまま30秒ほどキープします。

終わったら逆の足でも同様に行います。

股関節のストレッチも効果的

O脚の人は股関節が硬くなっている人が多いため、股関節を柔軟にして可動域を広げるようにしましょう。股関節のストレッチはいろいろなタイプがあるので、自分にあった方法でOKです。

よく行われているのは、足裏を合わせて床に座り、かかとを引きよせるストレッチです。その際に体を前に倒していくとさらに効果が上がります。ストレッチを行う際は呼吸を止めないようにしましょう。

今回ご紹介したエクササイズは自宅のリビングでテレビを見ながらでもできるエクササイズです。足の筋肉強化、柔軟性、バランスを身につけることで、O脚の改善が期待できるので、毎日続けるようにしてください。