すらり長い美脚に!自分でできるO脚の治し方

テレビを見ながら、また歯磨きしながら気軽にできるストレッチから本格ストレッチまで、4つのストレッチをご紹介します。 整体に行ったり専用のグッズを使ったりしなくても、O脚解消はできるんです! 朝起きたときや夜寝る前に行って、上手に生活に取り入れて習慣づけしてみてはいかがでしょうか。

なぜO脚になるの?

日本人は男性にも女性にもO脚が多いと言われますがそれはなぜでしょうか?

一般的に原因は

1.歩き姿勢

2.座り姿勢

3.立ち姿勢

だと言われています。

崩れた姿勢のせいで骨盤が歪んだり必要な筋肉が正しくついていないのです。

足の内側の筋肉を鍛えてO脚を改善するストレッチ

O脚の人は、立った時に両膝がピタッと合わずスキマが開いてしまいます。これは、このスキマを目立たなくさせるため、足の内側の筋肉を鍛えるストレッチです。

1. まっすぐに立って、両足をそろえます。

2. 両膝がピタッと合うところまで膝を曲げます。

上半身はまっすぐのままで、お尻を突き出さないように気を付けながら腰を落としましょう。重心が真下にないとお尻が出やすくなるので、注意しましょう。

3. 両膝を合わせたまま、上半身もまっすぐのままで、膝を伸ばします。

体が動きを覚えたら、歯を磨きながらなど何かのついでに気軽に行えるストレッチです

仰向けに寝て足を組むだけでO脚を改善するストレッチ

寝ながら簡単にできるO脚改善ストレッチです。

1. 床に仰向けに寝て、両膝を立てます。

2. 足をしっかりと組んで、上になっている足を下になっている足の下にくぐらせます。

左右両方の足を、交互に10秒間ずつ行うのが目安です。最初は、負担にならない程度から始めましょう。

足の歪んだ部分に圧を加えることで、脚をまっすぐにする効果が期待できます。ストレッチを毎日続けていると体が慣れてきますので、段々足組みも深く、時間も延ばせるようになります。

股関節を柔らかくしてO脚を改善するストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチです。O脚の原因の一つに、股関節が硬いことが挙げられます。股関節が硬いと骨盤にゆがみが出るので、O脚だけでなく下半身太りにもつながります。

1.仰向けに寝て、片足を胸にひきつけます。

このとき、膝のあたりに両手を添えてしっかりとひきつけましょう。

2.ひきつけたほうの足を真横に倒し、また元のようにまっすぐに伸ばします。

慣れたら5分程度くりかえし行います。

寝る前の習慣にしたいですね。

膝立ちストレッチでゆがみを治してO脚を改善

O脚の人は骨盤が開きがちです。骨盤を閉じたり膝の下の骨が内向きになるよう、このストレッチをいましょう。1回10秒間を5回が目安です。

1.床に膝立ちし、つま先を立てて外側に開きます。

2.両手をそれぞれふくらはぎの上にあて床の方に向けて押しながら、お尻を落としていきます。

床にお尻をつけられない人は、バスタオルなどを自分に合った高さにして置いておくとよいでしょう。このとき、腰は曲げないように気を付けて行います。

ストレッチは、無理なく行ってください。いきなり多くの量を長い時間行うのではなく、日々の生活に取り入れながら、少しずつ体を慣らしていくのが肝心です。 自分の身体の状態に意識を向けて、正しい姿勢、正しい位置でストレッチするように心がけましょう。 毎日続けて、すらりと長い美脚を手に入れましょう!