サンダルを履くと気になる足の臭い、原因は?

夏になると裸足でサンダルを履く機会が増えてきます。そこで気になるのが足の臭い。サンダルは普通の靴に比べて通気性がよいにもかかわらず、なぜ臭いが発生するのでしょうか。気になる足の臭いの原因と対策について探っていきます。

足の臭いはなぜ発生するの?

汗が臭いの原因となっていると思われがちですが、実は汗自体は無臭です。 足に汗をかいて靴の中が高温多湿になると、雑菌やバクテリアが繁殖しやすくなります。そして、繁殖した雑菌やバクテリアが皮膚から剥がれ落ちた古い角質を分解することにより、あのいやな臭いが発生するのです。

足の裏は角質が厚く、代謝や摩擦によりはがれやすい状態にあるため、長時間靴を履くことで臭いが生じやすくなります。特にブーツや革靴などが臭いやすいのは通気性が悪く、靴の中が高温多湿になって雑菌が繁殖しやすいためです。

サンダルは通気性がいいのになぜ臭う?

サンダルは普通の靴に比べて通気性がよいはずなのに、なぜ足の臭いが発生するのでしょうか。それは、「素足+サンダル」の組み合わせに原因があります。

サンダルは皮などの汗を吸収しにくい素材でできているため、素足がサンダルと密着している部分に汗がたまりやすい状態になります。その上、夏の高温多湿も重なって、サンダルと足の間が蒸れてバクテリア等が繁殖しやすくなってしまうのです。

また、足の指と指の間も汗がたまりやすい場所。特に女性のサンダルは足の指が密着しやすい形になっているデザインが多く、余計に指の間に汗がたまりやすくなってしまいます。

サンダル時の臭い対策は汗のコントロール

サンダルの臭いを防ぐには、汗がサンダルにたまらないようにするケアが大切です。顔や体と同様に、足の裏にも大量の汗をかいています。したがって、足の裏や指の間の汗も汗ふきシートなどでまめに拭き取るようにすることが臭い対策となります。

また、サンダルに吸湿性・速乾性のあるインソールを貼り付ける工夫も有効です。最近は見た目が気にならないデザインのサンダル用インソールも増えているので、使ってみるとよいでしょう。

サンダルは複数のものを履き回そう

サンダルの臭いを防ぐには、1つのサンダルを履き続けるのではなく、日によって履くサンダルを変えることをおすすめします。サンダルは雑菌が繁殖しにくくなるように、汚れをふき取って天日干しにしてください。また、夜の間に外に出して風を当てるだけでも臭い予防になります。

夏は顔や体の汗は気になりますが、足の汗のケアはおろそかになりがちです。しかし、こまめに汗を拭き取ることで、足の臭いはかなり軽減されるはずです。足の汗のケアも忘れずにすることで、サンダルの臭いを撃退しましょう。