パンプスでも大丈夫!足の疲れない靴の特徴

パンプスを履くとどうしても疲れてしまう…でもスニーカーじゃなくてパンプスが履きたい!というワガママな女子の願いを叶えてくれるのが、足の疲れない靴。特徴をまとめたので、可愛くて足の疲れない靴を探している人は、早速チェックを!

高いヒール靴を履き過ぎると骨盤に影響が

足をキレイに見せてくれるから…と8cm以上のヒール靴を履いている人をよく見かけますが、高いヒール靴を日常的に履いていると、重心が前に片寄るため、骨盤が傾きがち。

ヒールが外側に斜めにすり減ることも多く、その方向に重心がますます片寄ることに。また、ももの前面が張り出してしまったり、ヒップの下垂につながることも。

足の疲れない靴の特徴2つ

ヒール靴をスタイルよく履きこなしたいなら、足の疲れない靴をチョイスして。スポーツブランドなどから色々な種類が出ているので、自分に合うものを選びましょう。

特徴1.インソールに低反発素材

足の疲れない靴は、インソールにさまざまな工夫が凝らされています。

ヒールが高くなることで負担のかかる足の前部分には低反発素材が使用され、インソール全体は、抗菌・防臭加工の足裏にぴったりとフィットする立体設計に。

ふんわりとした厚めのクッションなので、長時間歩いても疲れを感じにくい構造になっています。

特徴2.ヒールに衝撃吸収素材

ヒールに衝撃吸収素材が使われているのも足の疲れない靴の特徴。高いクッション性を持つヒール素材が使われていたり、体重を支えやすいようヒール位置をかかとの骨の真下に配置するなど、歩きやすさを追求した工夫がいっぱい!

大学の協力のもと、あるメーカーの靴を使って歩行テストを行ったところ、20km歩いても疲れを感じにくかったという驚きの結果も!

専門スタッフのいるお店で靴のフィッティングを

足の疲れない靴は色々あるけれど、なかなか自分の足に合った靴が見つからない…という人は、ぜひ専門スタッフのいるお店で靴のフィッティングを。

足の長さだけではなく、土踏まずの高さやかかとの傾きなど細かな計測をしてくれるので、自分の足の形にぴったり合った靴を見つけることができます。セミオーダーで中敷きを作ってくれるお店もあるので、気になる場合は問い合わせて。

無理に高いヒール靴を履いていると、血流が滞り、足のむくみを引き起こす可能性もあります。靴を購入するときは、ついデザインで選びがちですが、履きやすさ、歩きやすさにこだわって選べるようになるといいですね。