保湿力バツグン!シアバター入りハンドクリームの選び方

シアバターは保湿効果が高く、ボディクリームやヘアクリームとしても使われます。また、
「寒くなると指先がひび割れる」
「粉をふいたような手になる」
「いつもヒリヒリして痛かゆい」
というような「手」の悩みを抱える人にこそ、シアバターは使ってほしいものである、と言えます。

そこでここでは、シアバターを使ったハンドクリームについて見ていきましょう。

ハンドクリームの選び方

シアバターは、基本的には常温では固形のままです。そのため原則としては、一度手の甲などに取り分けた後、体温で温めてから塗り広げる形になります。

ただ、「ハンドクリーム」として加工されたものは、このような手間をほとんどかけずに塗り広げられるものもあります。「毎回毎回肌で温めるのが面倒に感じる」と言う人は、こちらを選ぶと良いでしょう。

また、現在、シアバターに他の成分の精油などを混ぜ込んだものもあります。バラやラベンダーといった花の精油が中心ですが、「良い香りも一緒に楽しみたい」という人は、こちらを選ぶと良いでしょう。

逆に、「シアバター以外の成分は配合してほしくない」という人は、配合率に気を付けて選ぶことをオススメします。

寒くて乾燥しやすい冬にお役立ちの、保湿成分たっぷりのシアバター。現在は色々なメーカーが取り扱っているので、早速明日からでもシアバター入りのハンドクリームを使ってはいかがでしょうか。

香りが強すぎるものはNG、できれば店頭で香りを確認して

ボディクリームやヘアクリームとして使う場合とは違い、ハンドクリームとして使う場合は、「香り」が重要なキーワードになってくるでしょう。

寝る前や洗髪時(洗髪後)などに使うボディクリームやヘアクリームとは異なり、ハンドクリームはこまめに塗ることになります。また、よく使う「指先」に塗るものですから、強すぎる香りのものはその香りが邪魔になってしまいます。

料理をする人は料理に匂いがうつってしまう可能性もあるので、特に注意したいですね。

シアバター製品に限らず、現在は色々な商品をインターネットの通販で取り寄せることができます。これは非常に便利ですし、良いものを比較して選べるというメリットがあるのですが、ハンドクリームを購入する場合、この「香り」を確認できないというデメリットがあります。

そのため可能なら、店頭に売っているもので香りを確認してみてください。