気付けばごわごわ手に…指の角質化の対策

「角質化」と言う言葉を耳にしたことはあるでしょうか?今回の記事では「角質化とは何か」、そして、それを防ぐ方法にはどのようなものがあるのか、ということをお教えしていきたいと思います。

角質化とはいったい何か?

角質化というのは、簡単に言えば、「水分が足りず、乾燥してしまった状態」のことです。これは「かかと」などで起こりやすいものです。

角質層は、角質細胞と細胞間とセラミドによって構成されています。しかし乾燥が進むと、このセラミドや保湿するための成分が少なくなってしまいます。そのため角質細胞が目立つようになり、乾燥が加速度的に進んでいくことになります。

こうなってしまうと肌は荒れ、かさつきを増します。また症状が進むことにより、ひび割れやあかぎれといった「痛み」が出てくることがあります。

上記でも触れたように、角質化は、かかとなどに起こりやすい症状です。しかしながら「水分が奪い取られること」が角質化の主な原因であるため、冬場などは「指先」のように、普段からよく使っている部分にも起こりえます。

角質化の主な原因は乾燥ですが、外的なダメージも原因になるため、頻繁に使う指先などは比較的餌食になりやすいのです。キーボードを頻繁に打ったり、紙製品を扱う職業であったり、洗剤などをよく使う職業であったりする人は特に注意が必要です。

対策は乾燥対策が中心となる

角質化は加齢なども原因となりますが、これはある程度は仕方のないものです。ただ対策を打つことで、角質化を予防したり、改善したりすることができます。

角質化への対策として、もっとも基本となるのは、やはり「保湿」です。冬場はハンドクリームなどで、こまめに肌を保湿するようにしましょう。ハンドクリームは保湿成分を添加するのみならず、指先を包み込むことによって、指の内部の水分が蒸発することを防いでくれます。

また上でも述べましたが、角質化の原因の1つとしては、「外的なダメージ」があります。この「外的なダメージ」というのはさまざまなものがあり、一概に「これだけを防げば良い」と断言することはできません。

しかし、紫外線などへの対策をしておくことは有用です。紫外線は、肌にシミを作るだけでなく、肌の内部まで攻撃する「外的ダメージ」の代表例だからです。

これらの対策を打つことによって、指の角質化は改善できますよ!