薄毛の原因は女性ホルモンの減少!?女性ホルモンを増やして薄毛対策

美しく健康的な髪の毛を保つために女性に欠かせないのが女性ホルモン「エストロゲン」です。しかし近年、ライフスタイルの多様化からホルモンバランスを崩す女性が増えています。女性ホルモンが正常に分泌するための対策をご紹介します。

1. ストレスをためずリラックスタイムを大切にする

日常生活の中でストレスを抱えすぎると、女性ホルモンのバランスが崩れるきっかけになってしまいます。自分なりの発散方法や熱中できる趣味などをもつことがおすすめです。好きな音楽を聴いたり、アロマテラピーをとり入れるなどして、オフタイムにはリラックスした状態で十分な休息をとるようにしましょう。

また、1日の終わりにはゆっくりと湯船につかりリフレッシュすることも大切です。血行や新陳代謝の促進にもつながりますので、頭皮の健康のためにも毎日の入浴タイムをとるようにしましょう。

2. 大豆イソフラボンを積極的にとり入れる

女性ホルモンであるエストロゲンに似た化学構造をもち、同様の働きをする成分として「大豆イソフラボン」があります。豆腐や納豆、油揚げ、味噌、きな粉など、大豆イソフラボンを豊富に含む大豆製品は、日本人には大変身近で取り入れやすいものばかりです。

また、和食だとより取り入れやすいものであることにも気づきます。毎日の食事に活用しましょう。大豆イソフラボンには、血液をサラサラにする効果も期待でき、頭皮に大切な血行の促進にもつなげることができます。

3. 恋や胸のときめきを大切にする

恋をすると女性はキレイになる、とはよく聞く言葉ですが、これは事実だといわれています。恋をしたり、ドキドキと心がときめくことで、女性ホルモンが活発に分泌されるようになるためです。

実際に恋の相手がそばにいなくても、テレビの中の有名人や、映画やドラマ、小説の内容にドキドキとときめいたり、自分だけの世界で妄想の恋をするだけでも効果があるとされています。

また、大切な人を想って料理をしたりプレゼントを考えたりすることも同様の効果が。常にトキメキを忘れずにいることは女性にとって大切なことなのです。

4. 身近にピンク色のものをとり入れる

色にはそれぞれに心理的効果があることが明らかになっていますが、ピンク色には、女性ホルモンを分泌させる効果があるのです。また、穏やかで満ち足りた感情へと促す色とされています。ピンク色の下着や洋服を身につけることで、女性ホルモンをより豊かにすることが期待できます。

身につけるものに限りらず、カーテンやインテリアなどにとり入れるだけでも効果は十分あるとされていますので、日常の中のエッセンスにぜひピンク色をとりいれてみましょう。

女性の体は、多方面から繊細に影響を受けることがわかりますね。いつまでも輝く女性でいるためにも、女性ホルモンを意識した生活を心がけましょう。