気づいたらすぐ対策!女性の薄毛を防ぐためにやるべきこと

いつまでも美しい髪は女性のあこがれ。でも気づいたら髪が薄くなっていてショックを受けるなんていうことも。大事なのは、薄毛のサインに早く気づいてしっかり対策をとること。その方法をご紹介します。

こんなことがあったら、それは薄毛のサインです

次のような症状がある場合は、薄毛になる危険性が高いといえます。一日一回、お風呂タイムにこのような症状がないかをチェックするとよいでしょう。

1. 頭皮が固くて動かない

頭皮を四本の指の腹でおさえて前後に動かしてみてください。動かない場合は、頭皮の血行が悪くなっています。

2. 頭皮がベタつく

皮脂の過剰分泌は毛穴の汚れにつながります。

3. フケやかゆみがある

頭皮のターンオーバーが乱れていて、髪の生え変わりサイクルにも影響している可能性があります。

4. 前髪にハリがなく、ヘアスタイルが決まらない

髪の根元が健康でないといえます。

意外な薄毛の原因に気づいていますか

女性が薄毛になる原因は、まず第一に加齢が上げられます。年を重ねると顔と同じように頭皮のターンオーバーも遅くなり、新しい健康な髪が生えにくくなります。

次に多いのが、ストレスや生活習慣によって髪の生え変わりサイクルが乱れている場合です。健康な髪を作るのは健康な頭皮です。頭皮も皮膚ですから、ストレスや睡眠不足、喫煙や偏った食生活などから影響を受けます。

よくない生活習慣によってホルモンバランスが崩れると、皮脂が過剰分泌になったり血行が悪くなったりして頭皮の新陳代謝が乱れ、健康な髪が生えにくくなります。

薄毛に気づいたら、まずやりたいこと

まずは生活習慣を整えましょう。偏った食事内容だったり、朝食や夕食を抜いたりしていませんか。髪はタンパク質からできていますから、とった栄養が反映されます。三食きちんとバランスよく食べましょう。

海藻や緑黄色野菜はもちろんですが、卵やサーモン、牡蠣なども髪によいといわれています。

また、質のよい睡眠を取るようにしましょう。夜の10時から深夜2時は肌のゴールデンタイムといわれていますが、この時間にきちんと寝ることは髪にとっても重要です。成長ホルモンが出て新陳代謝を整えます。

早く気づけば、いつまでもキレイな髪が保てます

まだ若いのに薄毛の傾向があるのなら、生活習慣が原因の可能性が高いといえます。生活習慣は改善することができますから、薄毛のサインに早く気づいて、きちんと対処すれば大丈夫です。加齢が原因である場合も、日常の生活習慣を整えることで薄毛の進行を遅らせることはできます。

いずれの場合も、生活習慣の改善がポイントです。質のよい睡眠をとり、バランスの取れた食生活を送ってストレスを溜め込まないこと。髪の健康は身体の健康とつながっています。