女性必見!自分でできる抜け毛チェックと対策

髪の毛も加齢によってハリやコシがなくなって細くなっていきます。髪が細くなってしまうと全体のボリュームが落ちて、どうしても老けて見えがちです。お肌同様、髪のエイジングケアが必要なのです。ここでは髪にハリ・コシを与える方法をご紹介します。

髪の「ハリ」とは?

キレイな髪とはハリ・コシがある状態といわれています。これは髪の表面を覆うキューティクルが整っていて、髪の一本一本がしっかりしている健康な髪のことです。まずは、健康的な髪の毛をチェックしてみましょう!

髪の太さでわかる健康状態

日本人の平均的な髪の太さ太さは0.07~0.08mmといわれています。これよりも細い髪はハリ・コシが失われています。
髪がやせる原因は、加齢・血行不良・ストレス・間違ったヘアケアなどが挙げられます。まずは正しいヘアケアをしましょう。

キレイな髪を育む3つの方法

1.トリートメントを効果的に使うこと

髪のハリ・コシをキープするためには、髪の表面を覆うキューティクルを整えてあげることが大切です。シャンプー後のコンディショナーやトリートメントの効果を最大限に引き出すためには、洗い流さないタイプのものも使用しましょう! ダメージが特にひどい場合、洗い流すタイプと洗い流さないタイプの「ダブル使い」が◎。

また、洗い流すタイプをつけた後に、シャワーキャップをかぶってバスタブにつかり、5~10分おくとより美髪効果が期待できます。トリートメントは量を守り、頭皮につかないように気をつけてくださいね! きちんと洗い流すことも大切です。残ったトリートメントは、頭皮トラブルを招く恐れがあるので注意を!

2.1か月~2か月に一度は、プロによる頭皮ケアも必要

毎日のセルフケアに加えて、1か月~2か月に1回程度、美容院で頭皮を洗ってもらうのも◎。普段のシャンプーで落としきれない皮脂汚れを流し、頭皮がきれいに。新たに生え変わる髪が美しく成長しやすいというサイクルが生み出せます。自分へのご褒美として、美容室でのケアやヘッドスパを受けてみるのもいいですね。

3.頭皮の血行を促進させる簡単マッサージ

頭皮の血行が悪くなってしまうと、髪を生み出すために必要な栄養素が届きにくい状態になってしまいます。健康な髪は、健康な頭皮から生まれます! 気がついたときにできる簡単マッサージを試してみてください。

指の腹で頭皮を動かすマッサージ、指の腹で頭皮をトントンと刺激するだけ。1日わずか3分でも続けていれば効果が現れてきます。毎日続けることが大切です。