薄毛で悩む20~30代女性が激増!?その原因と対策

女性が薄毛の悩みをもつようになるのは、いわゆる更年期以降という印象をもっている人も多いのではないでしょうか。しかし近年、20代や30代の女性にも薄毛の悩みを持つ人は多くなってきています。その原因と対策をご紹介します。

若い女性の薄毛を「若年性脱毛症」と呼びます

20代や30代の女性にも急増している薄毛や抜け毛の悩み。「加齢」にはまだ早い、若い世代の女性に見られる薄毛の症状は「若年性脱毛症」と呼ばれています。若年性脱毛症は、頭皮の血行が悪くなったり、頭皮にとって好ましくない環境になることで、髪の毛が本来持つべき成長のサイクルが乱れてしまうことが原因です。

ヘアサイクルが乱れると、健康に育つはずの成長期の髪の毛が細くなったり、育たないまま抜け落ちてしまったり、また休止期が長くなってしまうなどの症状が現れ、髪のボリュームが失われてしまうのです。では、頭皮によくない状態はなぜ生まれるのでしょう。

ダイエットやストレスによるホルモンバランスの乱れが原因

若い世代の女性のヘアサイクルが乱れる原因のひとつには、食生活や生活習慣が影響しているといえます。女性の髪のボリュームや美しいを艶を維持するには、女性ホルモン「エストロゲン」が正常に分泌されていることが大切です。

ところが、無理なダイエットで栄養バランスが崩れたり、日常のストレスを溜めこみすぎることでホルモンバランスが崩れると、エストロゲンの分泌が低下してしまい、美しい髪の毛を保つことが難しくなってしまいます。

また、ホルモンバランスが崩れると、自律神経の働きにも乱れが生じてくるのです。自律神経の乱れは血行不良につながりますので、頭皮にもいい影響はありません。

まちがったヘアケアによる刺激や頭皮の荒れ

ヘアサイクルの乱れにつながるもうひとつの原因として、まちがったヘアケアもあげられます。美しい髪の毛を保つためには、その土台ともいうべき頭皮が健康な状態でなくてはいけません。頭皮の血行が悪いと、髪の毛まで栄養を十分に届けることができなくなるため、健康な髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

ヘアカラーやパーマは髪の毛にも頭皮にも刺激となりますので、頭皮の荒れを引き起こしかねません。頻繁に行うことは避けたいものです。また、洗浄力の強いシャンプーも頭皮を乾燥させてしまいます。低刺激のものを選び、髪の毛を洗うというよりも頭皮をマッサージするように洗髪することが大切です。

20代や30代女性の薄毛対策は

若い世代の女性のヘアサイクルを正常に保つには、「正常なホルモンバランス」と「頭皮の血行」を意識した生活を送ることが大切です。

・睡眠や休息をしっかりとる
・栄養バランスのとれた食生活を送る
・ストレスを上手に発散させながら生活する
・シャワーで済まさずにゆっくりと湯船に浸かる
・適度な運動をとり入れる

このようなことを心がけて生活してみましょう。

原因、対策ともにささいなことのようですが、日常の中で意識していくことで、頭皮をより健康な状態に導いていきましょう。