原因は何?女性の薄毛治療

女性の抜け毛や薄毛の原因はいくつかありますので、自分の抜け毛・薄毛のタイプを把握し、原因となる日常生活の見直しにつなげることが重要です。女性の抜け毛や薄毛の特徴をはじめ、原因や種類、治療について紹介します。

女性の抜け毛・薄毛は男性と異なる特徴があります

女性の脱毛症は男性に比べると遺伝的な影響は少なく、加齢などによるホルモンバランスの乱れなどさまざまな要因が関係しています。過激なダイエットや偏食などの食生活の乱れ、またストレスや身体の冷え、さらにパーマやヘアカラー、髪型などの影響もあります。

薄毛の特徴も男性とは異なります。男性は額や頭頂部の薄毛で始まり、次第に前頭部などに広がって髪の生えない部分が目立つようになります。女性の場合は髪が細くなるほか、ハリやコシもなくなって髪全体のボリュームが徐々になくなることが特徴です。

頭頂部の分け目やつむじあたりの地肌が透けて見えるようになりますが、男性のように特定の部分に髪がまったく生えない訳ではありません。

女性に多いのは髪全体が薄くなるタイプです

「びまん性脱毛症」は女性の脱毛症の中でもっと多く、髪全体で薄毛が認められる脱毛症で中年以降の女性に多くみられます。主な原因は加齢によって生じる毛髪の衰えや毛髪の成長に関係する女性ホルモン・エストロゲンの低下、また遺伝的な要因などです。

ほかにストレスや誤ったヘアケアなども原因となります。

「分娩後脱毛症」は出産後にヘアサイクルが一時的に乱れることによって現れる脱毛症です。妊娠中にはエストロゲンが普段よりも多く分泌されていますが、出産後は妊娠していないときの量に戻ります。

その変化にともない、ヘアサイクルが休止期に入ってしまい脱毛が起こります。半年から1年ほどの間に回復するといわれています。

間違ったヘアケアが抜け毛・薄毛の原因になることもあります

「脂漏性(しろうせい)脱毛症」は皮脂の分泌が過剰となって頭皮に炎症を起こすことで生じる脱毛症です。原因には皮脂の分泌過剰を引き起こすような食生活、あるいは洗髪方法などが不適切な場合があります。

「批糠性(ひこうせい)脱毛症」はシャンプーのし過ぎなどによる頭皮のダメージが関係して起こる脱毛症です。フケが頭皮の毛穴に詰まってしまい、毛母細胞に栄養が十分に届かないために髪の毛が成長できず抜けてしまいます。

「牽引性脱毛症」はポニーテールなど頭皮を過度に引っ張るような髪型やいつも同じ分け目にしていることによって起こります。時々髪型を変えるなど長期間にわたって同じ髪型にしないことで防ぐことができます。

症状や体質に合わせた個別の治療が必要です

抜け毛や薄毛で悩む人の原因はその人ごとに違います。そのため、効果的に治療していくにはその人に合った治療の組み合わせが必要です。

受診すると外用薬や内服薬による治療、また育毛メソセラピーという薬剤を頭皮に注入する方法があります。また、育毛剤や育毛用サプリメントの使用、さらに自毛植毛などの方法を組み合わせることもあります。

女性にもっとも多いびまん性脱毛症は生活を見直し抜け毛の原因を取り除くくことで改善しやすいといわれています。

女性の抜け毛や薄毛は食生活やヘアケアの方法など日常生活の要因が大きく影響しています。自分の症状の原因として考えられるものをまず取り除くことを心がけましょう。