原因はホルモン?薄毛・抜け毛に悩む女性が増えている3つの理由

女性でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えていますが、女性の脱毛は男性の脱毛とは症状が異なる場合もあります。女性特有の脱毛の原因と症状、対処法などをまとめました。

女性特有の抜け毛の症状

後頭部や生え際の髪の毛が薄くなる男性と違い、女性の薄毛は全体的に髪が細くなってボリュームが無くなったり、分け目がはっきり目立ってきたりといった症状が気になることが多いです。こういった女性に多く見られる脱毛はびまん性脱毛症と呼ばれます。

この女性特有の抜け毛には主に女性ホルモンエストロゲンの減少によって引き起こされます。女性は加齢の他にも妊娠出産や閉経などホルモンが乱れる時期があり、薄毛になりやすい環境もあります。

ストレスによる女性ホルモンの減少

ストレスは自律神経やホルモンのバランスに大きく影響を与えます。ストレスは女性ホルモンを減少させるため男性ホルモンが優位になった結果脱毛が起こります。

また、自律神経の乱れにより交感神経が優位にたち血管が収縮してしまうと、頭皮が血行不良を起こしてしまい薄毛になることもあります。

このためストレスの場合は女性特有の薄毛に加えて男性に近い脱毛を起こすこともあります。薄毛を防ぐにはストレスを解消することも重要です。

妊娠・出産によるホルモンバランスの変化

妊娠すると、赤ちゃんの生育の環境を整えるためにプロゲステロンやエストロゲンの両女性ホルモンが増加していきます。そして出産が終わると、一気にそれらの増加分が元に戻ろうとします。

そのため一時的に女性ホルモンが減少してしまうため、出産後に白髪や抜け毛などのトラブルが起こりやすくなります。この場合は時期が過ぎればホルモンのバランスは元に戻ると考えられていますが、規則正しい生活や頭皮のケアを行うことによって症状が緩和されることもあります。

加齢による女性ホルモンの減少

歳を重ねると卵胞細胞の減少にともなってエストロゲンの分泌量は減っていきます。エストロゲンは髪の成長に関わりがあるため、減少してくると髪の毛が薄くなる症状が発生します。

女性ホルモンに似た性質のあるイソフラボンを多く含む食べ物を積極的に食べたりすることで、加齢が原因のホルモン減少による症状を緩和することが可能です。

女性の抜け毛や薄毛にはホルモンバランスが大きく関係しています。ホルモンバランスによる抜け毛は体の内側からケアを考えることが必要です。