20代女性に多い薄毛「若年性脱毛症」の原因とは

女性のライフスタイルが変わった影響で、女性の薄毛や抜け毛が年々増加しています。特に20代での薄毛の悩みは著しく増えているようです。ここでは、「若年性脱毛症」の原因と対処法をご紹介します。

若年性脱毛症とはどんな症状?

抜け毛は頭皮や毛母細胞の老化によって起こります。しかし、若年性脱毛症の場合は、ヘアサイクル(髪の毛のターンオーバーのサイクル)が正常に機能していないことがほとんどです。ヘアサイクルが乱れると、まだ抜ける時期ではない毛が抜けてしまい、毛の本数が減りします。そのため、全体的に髪のボリュームがダウンしてしまうわけです。

若年性脱毛症の原因

それではなぜ若年性脱毛症になってしまうのでしょうか?

無理なダイエット

女性の若年性脱毛症の原因でもっとも多いのは無理なダイエットの影響があります。健康な髪の毛を維持するためには、女性ホルモンに含まれているエストロゲンが必要不可欠です。エストロゲンは、髪の毛を成長させるのに重要な働きをしています。

また、健康で美しい髪をつくるためにはバランスのとれた栄養を摂り続けることがひつようです。栄養バランスが乱れたり不足したりすると、薄毛を招いてしまいます。近年「とにかく食べる量を減らす」といったダイエットをしがちな女性が増えています。その結果、栄養バランスやホルモンバランスが乱れ、自律神経の乱れやストレスの原因になります。

自律神経が乱れると血流が悪くなり、頭皮と髪に栄養が充分行き渡らなくなります。その結果、ヘアサイクルが乱れてしまいまうのです。若年性脱毛症を防ぐためには規則正しい生活とバランスのよい食生活を心がけましょう。

カラーリングやパーマによる影響

今やファッションの一部にもなりつつあるカラーリングやパーマ。20代の女性ならば大半の方が行っているでしょう。しかし、カラーリングやパーマも髪の毛にはストレスを与えているということを忘れてはいけません。これらの薬剤は毛根を傷つけたり頭皮を傷めたりします。

毛根や頭皮へのダメージは髪の健康な成長を妨げ、ヘアサイクルを乱します。ヘアサイクルを保つためにも、ヘアカラーやパーマは2ヶ月以上の感覚をあけるように心掛けましょう。

誤った日常のケア

シャンプーやリンスの役割、正しく認識していますか?シャンプーをする時、爪を立てていませんか?お肌に爪を立てると傷つくように頭皮も皮膚の一部なので爪を立てて洗えば傷ついてしまいます。

さらにリンスは髪の毛をコーティングするものであり、頭皮につけてしまうと皮膚呼吸を妨げる原因になってしまうのです。まずは正しいシャンプーの仕方、リンスの付け方を知りましょう。

抜け毛予防のためのシャンプーの仕方はこちら

リンスの正しい付け方はこちら

頭皮にストレスをかけない生活を心がけて

髪の健康は頭皮の状態を良くすることから始まります。まずは頭皮環境を整え、頭皮ストレスの少ない生活をおくりましょう。