薄毛と女性ホルモンの関係

薄毛というと男性特有のものと以前まではイメージがありましたが、最近では薄毛で悩む女性も増えています。その原因の一つに挙げられるのが、「女性ホルモンの減少」なんです。

そこで、女性ホルモンの減少がどうして薄毛と関係しているのかを解説します。

エストロゲンは40歳以降減少

髪の毛を作り、髪の成長期を持続させる「エストロゲン」という女性ホルモンは40歳をピークにどんどん減少していきます。

この為、更年期の症状が女性には出てきますし、髪の成長期も短くなっていきます。また、女性には男性ホルモンも分泌されていますが、更年期以降は女性ホルモンが減少していくのと相対的に男性ホルモンが増えていき、男性同様薄毛の悩みも増えてきます。

「更年期や出産後に急に薄毛や抜け毛になった!」と声をよく聞きますが、これは、女性ホルモンの分泌量が急激に減少しているせいなんです。

更年期以外でも女性ホルモンは減少する!

年齢とともに女性ホルモンは減少していきますが、それ以外でも先ほども出て来た出産のように女性ホルモンが減少していく原因はいくつかあります。

【女性ホルモンが減少する原因】
・ 加齢
・ ストレス
・ 生活習慣の乱れ
・ 出産

このような事は女性ホルモンを乱れさせる原因になるので、ヘアサイクルまでも乱れてしまい、薄毛の原因ともなります。

若い女性も薄毛に悩む人が増えている原因として、女性も男性と同じように社会でのストレスをかかえる人も増えているというのが考えられます。また、食生活も外食やコンビニのお弁当など手軽な物が増えたりして、栄養バランスも偏っている人が増えてきたせいというのもあります。

また、不規則な生活をして睡眠不足になると、頭皮の新陳代謝も正常なサイクルで行われなくなります。このような生活の乱れ、ストレスなどが女性ホルモンを減少させてしまうのです。

生活習慣やストレスなど、当てはまる部分があるのであれば今すぐ改善することが薄毛への改善に繋がります。また、これらは薄毛だけでなく、フケやかゆみなどあらゆる頭皮トラブルにもつながってしまうので、注意してくださいね!